エプソンは、2010年10月ラベルプレス事業参入以来、デジタルならではのきめ細かな対応力、高生産性、高画質ラベル印刷業界に貢献を続けてきました。この度、SurePress(シュアプレス)シリーズが、2021年6月に国内100台目の導入を達成しましたのでお知らせします。
                   SurePress L-4533A/L-4533AW

■直販体制からデジタルラベル印刷機に参入した歴史と進化
 エプソンは、ラベル印刷業界に新規参入するにあたり、お客様の様々な要望に直接耳を傾け困りごとを一緒に解決しながら対応していく必要がある、と判断しました。
 販売の形態、サービスサポートの形態などあらゆる面で体制の再構築が必要となり、エプソンにとっては大きなチャレンジではありました。しかしその甲斐もあり、お客様の作業効率化、特殊なカラーバリエーションが必要な生産への対応、小ロット多品種生産への対応など、常にお客様に密着したSurePressシリーズとして評価いただき、今回の100台目の納入達成に繋げることができました。

【10年間の主な商品リリース
 ・2010年エプソンインクジェット技術でラベル印刷の高い要求に応える第一号モデル L-4033A発売
 ・2012年:ご要望の多かった白インク搭載モデルL-4033AW発売
 ・2016年スループット・印刷精度・使い勝手を向上させたL-4533A/AW発売
 ・2020年ワークフロー改善を実現するための純正ソフトウェアRIPEpson Edge Print Label」発売

      
 <エプソン販売株式会社 取締役特販営業本部長 吉崎宏典のコメント
 ラベル印刷に限らず、軟包装・パッケージ・捺染など様々な印刷を手掛けられるお客様は、市場ニーズの多様化に伴う「多品種・短納期・小ロット」への対応、人材難や後継者不足など、深刻な課題に直面されています。
 また、従来のアナログ印刷で課題の廃インクや大量の損紙の削減など、環境面に対する配慮および社会的な責任への対応も強く求められるようになっています。
 そのような市場要求の中、当社では10年前よりラベル印刷市場のお客様に向けて、高品質・高生産性を最大のセールスポイントとしたSurePressを投入して参りました。
 その間、様々なお客様とのコミュニケーションを大切にし、多くのご指摘・ご要望に真摯に耳を傾け、ハードウェアはもとより、ソフトウェアでのお客様の生産ワークフロー改善などの提案を行い、よりよい製品お届けする活動を行ってまいりました
 そしてこの度、発売10年で100台の販売を達成することができ、国内におけるラベル印刷機分野におけるデジタル化に貢献することができたことを非常に喜ばしく思っております。
 「SurePressの歴史」は「改善の歴史」と考え、現在で3世代目の「SurePress」を更に進化させこの業界のデジタル化をリードして参る所存です。
 今後の更なる「SurePress」の進化にご期待ください。

    
 移り変わりの早いデジタルラベル印刷機の中では、エプソンSurePressは10年間という長期間にわたり基本的なデザインや設計の思想は維持しながら、商品としては様々な改善を施し常に進化を続けてきました。今後も更なるラインアップ強化で業界を牽引していきます。

デジタルラベルプリンター SurePressシリーズの詳細情報は、下記Webページをご参照ください。
https://www.epson.jp/products/surepress/

                                             以上

配信元企業:エプソン販売株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ