アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、従業員がどこからでも安全にオンプレミスアプリケーションアクセスできるようにする「Okta Access Gateway」が、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)「 Nutanix Acropolis Hypervisor(Nutanix AHV)」上で展開可能になったことを、最新機能アップデートhttps://www.okta.com/jp/blog/2021/08/okta-new-features-august-2021/)で正式に公開(GA)しました。

Okta Access Gatewayは、オンプレミスサーバーで稼働するアプリケーションにOktaの認証機能を拡張して、従来型のオンプレミスアプリケーションクラウドアプリケーションが共存するハイブリッドITアクセス環境の課題を解決する製品です。Amazon Web ServicesMicrosoft Azure、Oracle Cloud Infrastructureなど複数のIaaSサービスを自由に選べることができ、組織の状況にあった柔軟なハイブリッド環境のアイデンティティアクセス管理を実現します。また、Okta Access Gatewayを使うことでVPNを使わずにオンプレミスアプリケーションアクセスできるため、VPNを管理する経費や労力を削減できるだけでなく、VPNを廃止することでセキュリティ侵害のリスクを抑えることができます。
今回Nutanix上でOkta Access Gatewayの仮想アプライアンスが展開可能になったことで、お客様はより柔軟なハイブリッドITアクセス環境を整える選択肢が増えることになります。

ご参考資料
Nutanixの展開方法(英語)
Okta Access Gatewayについて

その他の最新機能アップデートは以下をご覧ください。
Okta新機能のお知らせ

Oktaについて
Oktaは、すべての人のアイデンティティアクセスを安全に管理するベンダーニュートラルなサービスプロバイダーです。Oktaが提供するプラットフォーム「Okta Identity Cloud」により、クラウド、オンプレミスを問わず、適切な人に適切なテクノロジーを適切なタイミングで安全に利用できるようにします。7,100以上のアプリケーションとの事前連携が完了している「Okta Integration Network」を活用して、あらゆる人や組織にシンプルかつ安全なアクセスを提供し、お客様の潜在能力を最大限発揮できるように支援します。JetBlueNordstromSiemensSlackT-MobileTakeda、Teach for America、Twilioを含む10,000以上のお客様がOktaを活用して、職場や顧客のアイデンティティを保護しています。
https://www.okta.com/jp/

配信元企業:Okta Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ