株式会社コナカ神奈川県横浜市、代表取締役社長CEO:湖中謙介)が“リアルスーツ”をコンセプトに展開しているSUIT SELECTスーツセレクト)では、コロナ禍でも困難を乗り越えて結婚式を挙げる方々、そして祝福のために参列される方々を応援するために「Happy Wedding キャンペーン」を8/11(水)より全国のスーツセレクトにてスタートします。
1. なんとか開催できたね!本当によかった!心からおめでとう!!!!
フォーマルといえばSUIT SELECT。このフレーズを耳にされたことはありますか?ブランドスタート以来ずっと高い支持をいただいてきましたSUIT SELECTフォーマルスーツ。
今回コロナ禍の中、結婚式を行う新郎新婦の皆さんのみならず、参列されるすべての方を心の底からお祝いしようと、店舗スタッフから「こんな時だからこそ、純粋に新郎新婦をお祝いしたい!」と声が上がり、新たなキャンペーンをスタートします。
たくさん買ったら何かもらえる、という一般的なキャンペーンとは違う今回の「Happy Wedding キャンペーン」は、30,800円(税込)以上のウェディング用スーツをご購入された方に、お祝いの気持ちを込めて「結婚式での必須アイテム」をもれなくプレゼントします。
2.「Happy Weddingキャンペーン」×「トク予約」でさらにハッピー
現在、SUIT SELECTではLINE友達限定の「トク予約」を実施しています。予約された方は購入金額が5%OFFになり、しかも他の割引とも併用が可能なので、フォーマルスーツ購入時にLINE友達追加していただければさらに5%OFFとなります。
今回の「Happy Wedding キャンペーン」×「トク予約」を組み合わせてハッピーになってください。
3. ハートウォーミングメモリアルプレゼント
メインアクトの新郎新婦には「オーダー ペア マスク(刺繍サービス)」か「ウイングカラーシャツ」をプレゼントします。
■オーダー ペア マスク(刺繍サービス
10日間で仕上がる大人気の「AIスピードオーダーシャツ」を作成する国内の優良シャツファクトリーにて縫製します。昨年、インターネットでも話題になった「シャツ生地を使った繰り返し洗える立体マスク」を新郎新婦の好みに合わせて、生地・サイズ・刺繍を自由にオーダーメイド可能です。
ウイングカラーシャツ
SUIT SELECTベストセラーアイテムの一つで、美しいシルエットと豊富なカラーバリエーションが特徴です。

参列される招待客の方々には、今後もパーティシーンで活躍するオリジナルの「フォーマルタイ」か「蝶ネクタイ」をプレゼントします。
4. ウェディング用のフォーマルスーツといえばSUIT SELECT
従来フォーマルスーツといえば、個性がなくどこで買っても同じと思われる形式的でつまらないものでした。
しかしSUIT SELECTでは業界の常識を打ち破り、ファッションを楽しむためのスタイリッシュフォーマルスーツをブランドローンチ時より展開。特にアイコンとなっている「ブラックスーツ」や「ショールカラータキシード」は多くのお客様に大好評をいただいております。
フォーマルスーツにこだわるSUIT SELECTでは、最高級のイタリア生地である「ロロ ピアーナ」「チェルッティ」「カノニコ」を使用したデザインタキシード恵比寿店と青山店のみ限定で展開しています。

キャンペーン概要
(1)対象者
■新郎様ご本人
Weddingシート(簡易アンケート)記入いただける方
結婚式、披露宴、パーティ参列者
商品納品時までに招待状を持参していただける方

(2)プレゼント条件
■¥30,800(税込)以上のメンズスーツフォーマル)をご購入のお客様
■¥30,800(税込)以上のパターンオーダースーツも対象

(3)プレゼント内容
■新郎様ご本人
1.オーダー ペア マスク(取り扱い80店舗)1セット
2.店頭で販売しているウイングカラーシャツ¥5,280(税込)1枚
のどちらか
■参列者
店舗指定品番のフォーマルタイか蝶ネクタイのどちらか1本

(4)キャンペーン期間
2021年8月11日(水)スタート

(5)実施店舗
日本国内のスーツセレクト全店(オンラインショップ除く)

※キャンペーン内容は予告なく変更になる可能性がございます。ご了承くださいませ。

SUIT SELECT』とは…
選ぶ・着る・楽しむをテーマ佐藤可士和氏に総合監修された「合理的に選ぶこと」と「楽しく選ぶこと」が全く矛盾しないことを証明する、スーツの新しい買い方そのものをデザインしたショップです。

株式会社コナカでは、お客様の利便性と接客サービスの向上により、さらにショッピングを楽しんでいただけるよう今後も取り組んでまいります。

配信元企業:株式会社コナカ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ