2021年10月7日(木)~10月14日(木)新国立劇場 小劇場にて上演される舞台『2つの「ヒ」キゲキ』に、剛力彩芽 がヒロインとして出演することが決定した。

女優であり、演劇ユニット「プロペラ犬」の主宰も務める 水野美紀 と、2016年放送、 TBSテッペン!水ドラ!『毒島ゆり子のせきらら日記』で全話の脚本を手がけ、第35回向田邦子賞を受賞し、その後もドラマ・舞台など多くの脚本を手がける東京マハロの 矢島弘一 がタッグを組み上演する本作。

共通のテーマ「悲喜劇」に応じて、水野と矢島の2人がそれぞれ脚本を書き下ろし、一幕と二幕で一つの作品として上演。その2つの別々の物語がリンクしていく2作品同時上演作品となる

水野と矢島はそれぞれの作品で、脚本と演出を務めるほか、主演も務め、すでに発表されている、和田雅成、 富田翔真凛椎名鯛造宮下貴浩 らと共に、剛力も水野、矢島の両作品に出演し、二役を演じ分けることになる。

さらに公式サイトではティザー映像も公開されている。

剛力彩芽 コメント

2つの全く違う物語がいつの間にか1つに溶け合い、観てくださる方の心に何か響くような作品に、私も挑戦させていただけることがとても嬉しいです。今もまだ続く世の中の状況だからこそ、直接伝えられることの喜びも葛藤も。そして小さくても何か希望を、伝えていきたいです。
 

剛力彩芽