ヘアウォーターって何?ヘアウォーターとヘアオイルの違い
ヘアウォーターって何?ヘアウォーターとヘアオイルの違い

ヘアウォーターとは、髪の状態を整えるスタイリング剤の1つです。

今回は、ヘアウォーターとヘアオイルの違いや、髪の状態に応じて使い分ける方法をご紹介します。

普段ヘアオイルを使用している人も、ぜひこの機会にヘアウォーターの魅力を知ってくださいね

ヘアウォーターとは

ヘアウォーターとは、水分をベースに、潤い成分や熱ダメージから髪を守る成分などを配合したスタイリング剤です。

スプレータイプのボトルに入っている製品がほとんどで、霧吹きのようにシュッシュッと髪全体にスプレーして使います。

ヘアウォータードライヤー前の濡れた髪だけでなく乾いた髪にも使えるので、忙しい朝の寝ぐせ直しにもピッタリです。

ヘアウォーターを使うと髪のパサつきがおさまり、サラサラで潤いのある髪に仕上がります。

ヘアウォーターとヘアオイルの違い

ヘアウォーターは水分ベースのため、髪の仕上がりが軽いのが特徴です。一方のヘアオイルは油分がベースなので、ヘアウォーターと比べるとやや重めに仕上がります。

ヘアウォーターは直接髪全体にスプレーしますが、ヘアオイルは直接手のひらに数滴とってから髪になじませるので、使い方も違います

また、ヘアオイルを髪全体に使い過ぎると重くなるので、ウェーブカールをきれいに出すことができません。

アオイルは基本的に根元には使わず、毛先を中心になじませましょう。

ヘアウォーターとヘアオイルの使い分け

ヘアウォーター

油分による髪や手のべたつきが気になる人、髪があまり傷んでいない人には、ヘアウォーターがおすすめです。

手早く寝ぐせを整えたいときだけでなく、髪の静電気や乾燥が気になるときにも使ってみてください。

洗い流さないヘアトリートメントとして使っても!

ヘアオイル

枝毛・切れ毛が多い、髪全体がパサついている、乾燥で髪が広がりやすい、うねり、くせ毛が気になる人は、ヘアオイルを使うことで潤いとまとまり感が得られます。

濡れた髪をドライヤーで乾かす前にヘアオイルを少量なじませておくと、ダメージの進行を予防できます。

ヘアウォーターとヘアオイルを組み合わせてもOK!

髪の乾燥対策やアイロンからの熱ダメージをしっかり防ぎたい人は、ヘアウォーターとヘアオイルを上手に組み合わせて使ってくださいね

美髪に大切な水分と油分の両方を補えますよ!

コスパ最強!様々なことに使えるベビーオイルの効果的な使い方とは