9月3日(金)に公開される映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』から、特別映像が解禁された。

シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、マーベル・シネマティック・ユニバースMCU/映画『アベンジャーズ』などを中心とした一連の作品)では初となるアジアヒーローメインロールに据えた作品。MCUフェーズ4作品のひとつで、『アイアンマンシリーズや、『アントマン』にも登場した犯罪組織“テン・リングス”の謎が明かされる映画だ。主人公シャン・チー役で『96時間 ザ・シリーズ』などのシム・リウが主演するほか、『恋する惑星』や『インファナル・アフェア』シリーズトニーレオンシャン・チーの父親ウェンウー役で出演。オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メン・ガー・チャンらがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『ショート・ターム』『黒い司法 0%からの奇跡』などのデスティン・ダニエル・クレットン監督。

 


今回解禁されたのは、本編の一部とメイキングキャスト・制作陣が作品の魅力を語る様子が収められた特別映像だ。マーベル・スタジオの社長で、本作のプロデューサーでもあるケヴィンファイギ氏は、「この話は、マーベル・シネマティック・ユニバースの最初に立ち戻ることになる。そこには重要な出来事があった。その出来事とは、トニー・スタークがアイマンマンになったこと。トニーは自社の武器が、ある組織に利用されている事を知る。その組織というのが、テン・リングスだ。そこに、私達が心から登場させたい素晴らしいキャラクターがいた。それが、シャン・チーなんだ」と、MCUの第一作である『アイアンマン』との関係について語っている。また、主人公シャン・チーの背景について、「シャン・チーのバックストーリーはとてもユニークで、彼の父親が悪に染まった犯罪組織のリーダーだということを知る。テン・リングスは“力”の象徴だ」とも。

シャン・チーを演じたシム・リウは「この映画製作が発表されたとき、僕は本当に興奮したよ。ちょっとしたジョークのつもりでマーベルに、そろそろシャン・チーについて話そうとツイートしたことがあって、今思えば、そうしておいて本当に良かったね」と、振り返る。続けて、「彼は父親のところに連れ戻される。そして彼と正面から対峙しなければならない。しかも、父親はとても非情な父親だ。そして、とんでもないことが起きる」と解説。トニーレオン演じるウェン・ウーが、装着した腕輪でシャン・チーを圧倒するアクションシーンも公開されている。

また、シャン・チーの親友・ケイティ役のオークワフィナは「彼はこのキャラクターに強烈な情熱を注いでいる。シャン・チーはシムのために作られたキャラクターだし、彼の情熱を肌で感じることができる」とコメント。クレットン監督は「間違いなく心血を注いでこの作品をつくりました。私の信念に即しているようにさえ感じました。そして、それは、とてもクレイジーでワイルドな巨大なライドでした」とアピールしている。

同時に公開された本ポスタービジュアルでは、主人公シャン・チーのほか、腕輪(テン・リングス)を身に付けたウェンウー(トニーレオン)の、シャン・チーの妹シャーリン(メン・ガー・チャン)、シャン・チーの親友・ケイティ(オークワフィナ)らが姿を見せている。

シャン・チー/テン・リングスの伝説』は9月3日(金)全国公開。