韓国ドラマ「優雅な母娘」(毎週月~金曜、昼1:59-3:00)が、8月12日(木)よりBS11イレブンにて放送スタート。“聖母”と“鬼母”という憎しみと優しさに満ちた二面性を持つ母役をチェ・ミョンギル、その母親に復讐(ふくしゅう)の道具として育てられた娘役をチャ・イェリョンが演じ、全74話でBS初放送される。

【写真を見る】韓国では2020年上半期の愛憎復讐劇視聴率No.1に輝いた「優雅な母娘」

「優雅な母娘」は、復讐という絆でつながれた数奇な母娘の運命を描く、韓国で大ヒットしたどろどろのマクチャドラマ

韓国では初回から同時間帯視聴率1位を獲得し、ラスト2話では最高視聴率22.8%を記録するなど、2020年上半期の地上波ドラマで愛憎復讐劇視聴率No.1に輝いた。

■韓国ドラマ「優雅な母娘」あらすじ

ミヨン(チェ・ミョンギル)は、ジェイグループ会長の一人娘・ユンギョン(チョ・ギョンスク)と同じ日に同じ病院で出産する。

しかし、担当医ウナ(チ・スウォン)の不注意でユンギョンの子どもが死亡。ウナはジェイグループの孫を死なせた責任から逃れるため、死んだのはミヨンの子どもだと隠蔽(いんぺい)する。

さらに悲劇は続き、夫がジェイグループの陰謀により命を落とす。愛する者を一度に亡くしたミヨンは、ジェイグループとウナに憎しみを募らせ、ウナの娘を誘拐してカナダへ逃亡。

28年後、ミヨンはキャリーチョンと名を変え、自分の娘として育てたユジン(チャ・イェリョン)と共に復讐のために韓国に戻ってくる。

ユジンは計画通りジェイグループの後継者ヘジュン(キム・フンス)に近づくが、実は3年前に二人は出会っていた。

韓国ドラマ「優雅な母娘」がBSイレブンにてBS初放送/Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2019 KBS. All rights reserved