詳細はこちら
https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/restaurant/boutique/plan/78571/index.html

ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町、総支配人:末吉 孝弘)では、地下2階 ペストリーブティック「ORIGAMI」にて、2021年10月1日(金)から31日(日)まで「ハロウィンスイーツ セレクション」と題しパティシエの遊び心とこだわりが詰まった10種類のスイーツと期間限定ブレッドを販売いたします。

ハロウィンキャラクターを象ったハロウィンショコラには、例年ご好評いただいているお化けの「ファントム」の他に「ジャック・オー・ランタン」や「スカル」など新しい仲間が加わりました。また、大きな目玉が際立つ「イービルアイ」をはじめ、廃墟脇にひっそりと建つ十字架のお墓をイメージした「クロス」やクモの巣を這わせたグラスデザートなど、個性豊かなラインアップハロウィンのムードを盛り上げます。

インパクトのあるユニークデザインとは裏腹に、素材のほろ苦い味わいや香り豊かなリキュールをアクセントに効かせた大人の味のスイーツに仕上げています。見て楽しい、味わって美味しい、シェフ渾身のアイテムの数々をぜひご堪能ください。
左から順に「マミー」「ファントム」「ジャック・オー・ランタン」「スカル」「アーリマン」 高さ:各約12cm
毎年人気の「ファントム」や、ハロウィンにはかかせないかぼちゃの「ジャック・オー・ランタン」、ぎょろっとした一つ目とギザギザの歯がチャームポイントの「アーリマン」、包帯の衣擦れの音も聞こえてきそうな「マミー」が勢ぞろい。さらに、大きな鎌を持った死神の「スカル」も仲間入り。ホワイトチョコレートで型取ったモンスターのなかには、アーモンドマカダミアナッツキャラメルチョコレートの二層でコーティングすることで作った、二種類のアマンドショコラが隠されています。モンスターが立つステージザクザクとした食感が楽しいクランクッキーでできており、隅々までお楽しみいただけるスイーツです。
かぼちゃ型のハロウィンクッキーは今年の新商品。発酵バターを使用したクッキー生地をホワイトチョコレートでコーティングしジャック・オー・ランタンに仕上げています。一つ一つ丁寧に手作業で絵柄を描いているので、異なったキャラクター性がクッキーに宿っています。同じものはないハロウィンクッキーは選ぶのも楽しく、贈り物にもぴったり。お好みの表情のクッキーを探すのも楽しみ方の一つです。
ドキッとしてしまうほどリアルな目がモチーフムースケーキシェフ渾身の一品。ビスケットキャラメルに似た香ばしさや、ほのかな塩気が魅力のフランスブロンドチョコレートをたっぷりと使用しています。ブロンドチョコレートムースのなかにはジンジャーを効かせた洋梨のゼリーを加え、なめらかな口あたりと瑞々しい味わいを実現しました。
かぼちゃのピューレを練りこんだムースケーキのなかに、シナモン風味のクレームブリュレとコーヒー風味のガナッシュをしのばせました。コーヒーの苦味がかぼちゃ本来の上品な甘味をより一層引き立てます。相性抜群の組み合わせをぜひご堪能ください。
毎年大人気のミミックは大きな口が付いた宝箱のモンスターイメージしたエクレアです。上下で食感の異なるシュー生地は底になる下半分をメープルシロップに浸し、さらにオーブンで焼き上げています。メープル香ばしい生地に上品な甘さの生クリームカスタードクリーム、ホクホクした食感の栗コンポート、爽やかな酸味のフランボワーズのジャムを溢れんばかりにサンドしました。味と食感の変化を宝探しのように楽しみながら食べ進めてみてください。
カシスリキュールで香りづけしたゼリー、苺とカシスのピューレを合わせたプリンを層にしたグラスデザート。中央にはモンブランクリームが顔を覗かせます。カシスの甘酸っぱさと栗のほっくりした甘さが絶妙なバランスです。フレッシュな苺やフランボワーズ、ブルーベリーとともにクラッシュしたレモンゼリーをあしらい食感のアクセントに。

ハロウィンモチーフにしたベーカリー商品も提供いたします。
かぼちゃの実を皮付きのままたっぷりと生地に練りこみバターをふんだんに使うことで、ふわっと軽い食感に焼き上げました。かぼちゃの旨味が凝縮され、豊かな香りと優しい甘さが口いっぱいに広がります。そのままお召しあがりいただくのはもちろん、軽くトーストしていただくのもおすすめです。

※表示料金には消費税8%が含まれております。

ペストリーブティック「ORIGAMI
地下鉄からのアクセス至便なロケーションにあるホテルアンテナショップ
パティシエのこだわりが詰まったスイーツホテルレッドをお気軽にお持ち帰りいただけます。

シェフパティシエ 安里哲也 Yasuzato Tetsuya
1971年 大阪府生まれ。1988年 和食の料理人としてキャリアをスタート。懐石料理などのお食事後に提供されるフルーツ「水菓子」から着想を得て独学でデザートの研究をしたことがきっかけとなり、25歳で洋菓子へ転向。2000年名古屋東急ホテル入社の後は、2009年ジャパンケーキショー トップオブパティシエ」優勝など、数々のコンテストで優秀な成績を収める。2010年 ザ・キャピトルホテル 東急のシェフパティシエに就任。現在は次世代トップパティシエの一人として、日本洋菓子協会連合会 指導員やコンテスト審査員も歴任。旬の食材に注目し、素朴でクラシカルななかに季節を感じることのできる商品を提案している。

ベーカリーシェフ 杉澤良一 Sugisawa Ryoichi

1971年 埼玉県生まれ。1992年よりパン職人としてのキャリアをスタート。18年間地元埼玉県の有名ベーカリーショップで研鑽を積むなかで、1998年カリフォルニアレーズン協会主催のコンテストグランプリ受賞、2003年同大会鉄人部門駐日代表賞 受賞、また4年に1度開催されるベーカリー・ワールドカップ「クープ・デュ・モンド2012年」で国内予選ファイナリストに選出されるなど輝かしい成果を残す。2010年ザ・キャピトルホテル 東急のオープンに伴い入社。2014年ベーカリー責任者に就任。旧キャピトル東急ホテル時代より受け継がれる伝統の味を守りながら、日々お客さまに喜んでいただける味を追求している。


ホテルでは、新型コロナウイルス感染症の予防対策を下記のように行っております。なお、日本政府および東京都、関係機関の示す方針に準じ、営業内容などに変更が生じる可能性がございます。

新型コロナウイルス感染防止対策についての動画はこちらからご覧いただけます。
https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/information/63975/index.html


◇◆お客さまのお問合せはこちら◆◇
ペストリーブティック「ORIGAMI
Tel. 03-3503-0208(ペストリーブティック直通)

配信元企業:株式会社東急ホテルズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ