給料をもらったら生活費に必要な最低限の金額を残してすぐに使ってしまい、貯金は全くしないような人を「宵越しの金は持たない主義」と言います。あなたの彼がそういうタイプだと、将来が不安になるという人もいるでしょう。そんな金遣いが荒く、宵越しの金は持たない主義の彼氏と上手に付き合う方法はあるのでしょうか。


彼女の立場なら口出しはNG

彼に全く貯金する気がないと「親族に不幸があったらどうするの?」や「会社が倒産したり病気になったりしたらどうするの?」と不安になり、ついつい口出しをしたくなるかもしれません。しかし、まだ婚約段階でもない彼女の状態なら口出しは基本的にNGです。彼のお金は彼のものなので、あまり口を出すと彼に嫌がられてしまう恐れがあるでしょう。彼が困っても自己責任として、できる範囲の手助け以外は放置するしかないのが現実です。


結婚資金は二人で定額ずつ貯めるのがおすすめ

彼女の状態なら彼のお金の使い方に口を出すことは好まれませんが、結婚を見据えているのであれば話は別です。お互いに「結婚資金を貯めよう」と決めたのなら、二人で色々話し合いましょう。その時、貯金の方法は「二人で〇〇万円まで貯めよう」ではなく「二人とも毎月〇円貯金しよう」のように、定額ずつ一緒に貯めていく方式がおすすめです。そうしないと、貯金の癖がない彼は貯められず、結局〇〇万円をあなた一人で貯めていたという状況になりかねません。


結婚の話が出ても仕事は辞めないようにしよう

結婚したら専業主婦やパートタイマーになりたいと考えている女性もいるかもしれません。ただし彼の金遣いの荒さが治らない限り、仕事は辞めないようにしましょう。自分で貯金を確保しておかないと、万が一の時に困るかもしれません。結婚すると親戚付き合いも増えるため、ある程度の金額は常に確保しておくことが重要です。


彼が貯金が苦手ならあなたがサポートしてあげた方が良いかも?

貯金が苦手な人は、定額ずつしっかり貯金する癖をつけないとあるだけ使ってしまう恐れがあります。彼がどうしても貯金する癖がつかないなら、結婚した後にあなたが貯金額を決めるなど、二人で貯金できるようにしっかりサポートしてあげましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

貯金しない主義!?【宵越しの金は持たない彼】とうまく付き合う方法は?