SDKI Inc.は、クラウドマネージドサービス市場の新レポートを2021年08月10日に発刊しました。この調査には、クラウドマネージドサービス市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108337
クラウドマネージドサービス市場は、2022年に537.8億米ドルの市場価値から、2030年までに1,396.1億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に14.6%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/cloud-managed-services-market/108337

クラウドマネージドサービス市場の成長は、中小企業によるマネージドサービスの採用の増加、組織内のモバイルデバイスビッグデータ分析の増加傾向などの要因によって推進されています。企業が主要な事業運営に焦点を合わせているため、クラウドマネージドサービスの採用が進んでいます。ビジネスサービスセキュリティサービスネットワークサービスデータセンターサービス、およびモビリティサービスは、クラウドマネージドサービスの主要なカテゴリです。これらのサービスの実装は、企業がITおよび運用コストを削減するのに役立ち、またそれらの企業の生産性を向上させます。しかし、クラウドセキュリティとプライバシーへの懸念は、予測期間中に市場の成長を妨げる可能性があります。

市場セグメント

クラウドマネージドサービス市場は、サービスタイプ別(マネージドインフラストラクチャ、マネージドネットワーク、マネージドセキュリティ、マネージドデータセンター、マネージドモビリティサービス)、展開タイプ別(パブリック、クラウド)、組織規模別(中小企業SME)、大企業)、業種別(BFSI、テレコム、IT、政府と公共部門、ヘルスケアとライフサイエンス、小売と消費財、製造、エネルギーと公益事業、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

サービスに基づいて、マネージドインフラストラクチャセグメントが予測期間中に主要な市場シェアを保持すると予想されます。

マネージドインフラストラクチャセグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。マネージドインフラストラクチャサービスセグメントは、データセンターサービスエンドユーザーサービス、技術および通信サービスなどのさまざまなサービスで構成されています。これにより、組織は、インフラストラクチャの有効性と効率を向上させるための戦略的方法として、日常の活動を転送できます。これはこのセグメントの成長に貢献しています。

組織規模に基づいて、SMEセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

中小企業SME)セグメントは、予測期間中にマネージドクラウドサービス市場で最大なCAGRで成長すると予想されます。中小企業大企業よりも大きなリソース不足に直面しており、ビジネスプロセスコスト最適化するために、複雑さを解決するためのより優れた方法が必要です。セキュリティコンプライアンス、およびダウンタイムの削減は、マネージドサービスの採用を通じて中小企業が経験している主な利点です。これらのマネージドサービスを使用することで、SMEはITコストを心配するよりも事業運営に集中することができます。

地域概要

北米地域の市場は2017年に最大の市場シェアを保持しました。一方、APACはCAGRの観点から最も急成長している地域です。企業がIT関連の機能をAPAC諸国に迅速にアウトソーシングにつれ、クラウドとマネージドサービスモデルは、生産性と費用対効果の向上を可能にするため、非常に重要になっています。したがって、市場は高い需要を目撃しています。さらに、クラウドテクノロジーの最先端地域である北米は、組織活動やコミュニケーション活動の増加により、他の地域よりもマネージドサービスの採用率が高くなっています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシアマレーシアオーストラリアニュージーランドシンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカブラジルメキシコアルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカイスラエルGCC [サウジアラビアアラブ首長国連邦バーレーンクウェートカタールオマーン]、北アフリカ南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツフランスイタリアスペインハンガリーベルギーオランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランドトルコロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

クラウドマネージドサービス市場の主要なキープレーヤーには、IBM Corporation(米国)、Cisco Systems(米国)、Ericsson(スウェーデン)、Accenture PLCアイルランド共和国)、NTT DATA Corporation(日本)、Huawei Technologies(中国)、NEC Corporation(日本)、DXC Technology(米国)、Fujitsu Ltd(日本)、Centurylink(米国)、Civica(英国)などがあります。この調査には、クラウドマネージドサービス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108337

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオ明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

配信元企業:SDKI Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ