SDKI Inc.は、創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場の新レポートを2021年08月10日に発刊しました。この調査には、創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108365
創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場は、2022年401.1百万米ドルの市場価値から、2030年までに629.4百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に6.65%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/chromatography-resin-market/108365

治療用抗体の需要の高まり、とバイオ医薬品の研究開発の増加などの要因が市場を牽引すると予想されます。タンパク質精製、モノクローナル抗体の生産、薬物評価、食品加工用での樹脂の需要の増加も、この市場の成長に貢献しています。さらに、ライフサイエンス企業による研究開発への巨額の投資、広範な学術および業界のコラボレーション、および精製技術の革新は、この市場の成長を後押ししています。創薬プロセスにおけるクロマグラフィー樹脂の用途の増加は、クロマグラフィー樹脂需要を増加させています。しかし、十分なスキルを持つ専門家の不足は、予測期間中の市場の成長を抑制する可能性があります。

価格設定と貿易に関連する生態学的懸念と不確実性を念頭に置いて、さまざまな化学メーカーが新しいビジネスモデルの設計に向けて取り組んでおり、持続可能な目標を達成しています。また、化学メーカーは製品ポートフォリオを拡大しており、それに応じて最新のアプリケーションとイノベーションに投資しています。変革の主な分野は、再生可能資源へのエネルギー供給の変更、研究開発活動への継続的な投資、CO2排出量とプラスチック廃棄物の削減に焦点を当てていると推定されています。また、企業は2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出を目指しています。これらの要因は、経験豊富な専門家の需要を促進しており、既存の市場プレーヤーだけでなく、新規参入者にとっても有利なビジネスチャンスを生み出すと推定されています。一方、建設、コーティング、電子機器、クリーナー、消毒剤用の化学薬品の需要は継続的に成長すると推定されています。中国は世界の化学物質の生産で主導的な地位を占めており、2019年の世界の化学物質販売の約40%のシェアを占めています。世界の化学産業は、ヨーロッパ、日本、米国、およびアジア発展途上国が世界の化学品販売全体で主導的な地位を獲得することで、競争環境の劇的な変化を目撃しています。日本の化学物質の輸出は、約30%のY-O-Y成長を示しめており、2021年4月に85億米ドルを超えました。一方、これは海外への出荷の全体的な発展を支え、米国と中国が最も高いシェアを占めました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されます。

市場セグメント

創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場は、タイプ別(天然高分子、合成高分子、無機媒体)、技術別(イオン交換、親和性、疎水性相互作用、サイズ排除、マルチモーダル)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

技術に基づいて、イオン交換セグメントは、予測期間中に主要なシェアを占めると推定されます。

イオン交換セグメントは、ボリュームの面で、創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場の最大のシェアを占めると予想されます。この高いシェアは、効率的な分離方法の必要性が高まっているため、製薬業界でこの技術に対する需要が高まっていることに起因する可能性があります。

タイプに基づいて、合成ポリマーセグメントは、創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場で最も急成長しているセグメントであると予測されています。

合成ポリマーセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されます。合成ポリマーの需要は、イオン交換クロマグラフィーでの使用によって促進されると予想されます。ポリスチレンジビニルベンゼンは最も一般的に使用されている合成ポリマーであり、天然ポリマーと比較して優れた性能を発揮するため、イオン交換アプリケーションでますます使用されています。バイオ医薬品の工業規模の精製、および薬物の定量的および定性的分析は、クロマグラフィー樹脂の主要な応用分野です。

地域概要

北米地域は、2016年の創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場の最大のシェアを占めました。この大きなシェアは、腫瘍学およびこの地域の他の治療分野における治療用モノクローナル抗体の継続的な研究開発活動に起因する可能性があります。一方、アジア太平洋地域の市場は2022ー2030年の予測期間中に最も急成長している市場であると予想されます。この高い成長は、主にインド、中国、マレーシアなどの国々の経済状況の改善、およびアジア太平洋地域における委託製造および委託研究機関の数の増加に起因しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシアマレーシアオーストラリアニュージーランドシンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカブラジルメキシコアルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカイスラエルGCC [サウジアラビアアラブ首長国連邦バーレーンクウェートカタールオマーン]、北アフリカ南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツフランスイタリアスペインハンガリーベルギーオランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランドトルコロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場の主要なキープレーヤーには、Bio-Rad Laboratories Inc.(米国)、GE Healthcare(米国)、Tosoh Corporation(日本)、Merck KGaA(米国)、Pall Corporation(米国)、Sepragen Corporation(米国)、KnauerWissenschaftlicheGeräteGmbHドイツ)、Kaneka Corporation (日本)、Purolite Corporation(米国)、Thermo Fisher Scientific Inc.(米国)などがあります。この調査には、創薬におけるクロマグラフィー樹脂市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108365

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオ明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

配信元企業:SDKI Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ