アメリカ女子代表のMFミーガン・ラピノー(36)が、婚約者である女子バスケットボールアメリカ代表のスー・バード(40)の金メダル獲得を祝った。

ラピノーは2015年2019年に女子サッカーワールドカップ制覇を経験し、2012年ロンドン五輪では金メダル獲得に貢献。女子サッカー界を代表するアスリートの1人だ。

一方のバードも2004年のアテネ五輪の初出場から4大会連続で金メダルを獲得し、今大会でも主将を務めたアメリカ女子バスケ界のレジェンドだ。

ラピノーは金メダルには届かなかったものの、銅メダルを獲得。そして、バード率いる女子バスケットボールアメリカ代表は8日に行われた日本代表との決勝に勝利し、見事に大会五輪7連覇を達成。バードにとっては5大会連続の金メダルを獲得した。

その試合をスタンドから応援していたラピノーは自身のインスタグラムを更新。「私はあなたをとても誇りに思う。もっとあなたを愛してしまいそう。おめでとう」と綴り、キスで祝福する場面もあった。

2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪での出会いをきっかけに交際を開始した2人は、2020年10月に婚約している。



8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像