STRATACACHE Asia-Pacificと株式会社博報堂プロダクツは、東京・豊洲の本社内に、新しい体験型リテール テクノロジー サンドボックス、「Shopper Digital Transformation Experience lab」(以下「ショッパーDX(デジタルトランスフォーメーション)体験ラボ」を開設することを発表いたしました。
STRATACACHE Asia-Pacificは、マーケティングテクノロジー・ソリューションのリーディング企業として様々な分野における豊富な実績を持っています。また、株式会社博報堂プロダクツは、アジア太平洋地域ならびに日本に拠点を置く国際的なマーケティングコミュニケーション企業である株式会社博報堂DYホールディングス子会社です。
この新たな施設の立ち上げは、昨年発表した両社の戦略的技術提携に続くもので、革新的な顧客エンゲージメント体験を共同で開発し、購買者の行動に影響を与え、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することを目指すものです。

シンガポール- 202189

STRATACACHE Asia-Pacificと株式会社博報堂プロダクツは、東京・豊洲の本社内に、新しい体験型リテール テクノロジー サンドボックス、「Shopper Digital Transformation Experience lab」(以下「ショッパーDX(デジタルトランスフォーメーション)体験ラボ」を開設することを発表いたしました。
STRATACACHE Asia-Pacificは、マーケティングテクノロジー・ソリューションのリーディング企業として様々な分野における豊富な実績を持っています。また、株式会社博報堂プロダクツは、アジア太平洋地域ならびに日本に拠点を置く国際的なマーケティングコミュニケーション企業である株式会社博報堂DYホールディングス子会社です。
この新たな施設の立ち上げは、昨年発表した両社の戦略的技術提携に続くもので、革新的な顧客エンゲージメント体験を共同で開発し、購買者の行動に影響を与え、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することを目指すものです。
STRATACACHE社(米本社)のCEO、Chris Riegelは、次のように述べています。「日本は小売における顧客体験の提供において、世界的に見てもトップレベルです。アジア太平洋地域において、日本の小売企業は、優れた顧客体験の提供に独自の基準を持ち、世界トップレベルの経済力を持ち、多くのトップブランドエリアにおける富裕層顧客の獲得に成功しています。我々は革新的な顧客体験を実現するための新たな機会として、博報堂プロダクツとの提携により、我々の持つScalaとSTRATACACHEの技術を最大限に活用できることを大変光栄に思っています」



多彩な機能を持つ施設
ショッパーDX体験ラボは、以下のような体験型施設とテストベッドの両機能として運営されます。 今回の提携では、STRATACACHEのデジタル技術ソリューションと博報堂プロダクツのマーケティング技術を連携し、ユニークで先進的なソリューションをご提供します。

<<博報堂プロダクツ 執行役員 兼 リテールプロモーション事業本部長の小澤 浩様のコメント>>

「日本市場においてもリテール領域におけるDX化は急務となっており、マーケティング領域における様々なサポートをさせていただいている各企業様の弊社に対する期待は非常に大きいものと捉えております。そのような中、先進的リテールテクノロジーのグローバルリーディンカンパニーであるSTRATACACHEとのパートナー契約は我々にとっても大きな武器になると捉えております。両社の強みを生かし、リテールテクノロジー領域でのリーディンカンパニーとして引っ張っていける存在になると確信しています。」

今回の展示では、顧客体験を強化し、オーディエンスエンゲージメントを向上させるための最適なソリューションをご紹介します。
  • Lift & Learn - 商品を持ち上げることで、お客様にとって魅力的でパーソナライズされたショッピング体験をご提供するためのインタラクティブなソリューションです。
  • Place & Learn - プラットフォーム上に商品を配置することで、商品を見つけやすくするインタラクティブなソリューションです。
  • Touch & Tell - 商品に触れるだけで詳細な商品情報を表示するユニークなソリューションです。
  • Wayfinder - 広くて複雑な場所であっても適切なナビゲーションを表示するシームレスな方向指示ツールです。
  • LINQ tablet – 業務用グレードのオールインワンインテリジェントタブレットです。


STRATACACHE Asia-PacificのManaging Director、Manish Kumarは、次のように述べております「本施設はデジタル技術への投資を検討している小売企業が、STRATACACHEのソリューションを実際に体験し、その利点をより深く理解していただくためのもので、当社の戦略的な地域成長計画に基づくものです。また、既存のお客様へのサービスの向上と、日本の小売業の変革を推進するための優れた環境を醸成します」

STRATACACHEについての詳細は、https://www.stratacache.com/en/
博報堂DYホールディングスについての詳細は、https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/
博報堂プロダクツについての詳細は、https://www.h-products.co.jp/


STRATACACHEについて
STRATACACHEは、インテリジェントなデジタルサイネージデジタルマーチャンダイジング、モバイル対応、リッチメディアの顧客エンゲージメントなどのソリューションを提供する世界的なリーディンプロバイダーです。
弊社のソリューションは、消費者の意思決定の促進を実現し、新たな販売機会を生み出し、収益性の向上を可能にします。STRATACACHEは、特に小売、クイックサービスレストラン、リテールバンキング、教育、インフラストラクチャーなどの分野で、大規模なグローバルビジネスブランドに強力なエンドツーエンドデジタルメディアの配備・実装を30年以上にわたってご提供してまいりました
本社はオハイオ州デイトンに、また、世界中に28のオフィスを構えています。STRATACACHEのパートナーと開発者の世界的なネットワークは、100カ国以上のお客様に310万を超えるソフトウェアアクティベーションと190万のフルマネージドデジタルサインを提供しています。
多岐にわたるマーケティングテクノロジーソリューションをカバーするSTRATACACHEファミリー全体で、デジタルトランスフォーメーションを実現するための技術、専門知識、実績を有しています。


博報堂プロダクツについて
博報堂プロダクツは、12の事業本部と3つの支社、さらに9つのグループ会社からなる製販一体型の総合制作事業会社です。「こしらえる」という創業以来ブレない力を武器に、各事業本部の専門性と実施力で確実に購入に繋げていく「顧客化力」をコアコンピタンスとしています。
長年培ってきた多様な接点で生活者を「顧客化」する専門技術(=こしらえるスキル)と、売り場における生活者心理や流通動向などの知見(=売りのノウハウ)を掛け合わせ、さらにそこにデータベースマーケティングと次世代のテクノロジーを取り入れ、これからの時代のプロモーションを提供してまいります。
社名 株式会社博報堂プロダクツ (HAKUHODO PRODUCT'S INC.)
設立 2005年10月1日資本金1億円[株式会社博報堂100%出資)]
資本金 1億円[株式会社博報堂100%出資)]
売上高 1020億円(2020年3月期実績)
社員数 1,862名 2020年4月現在
代表者代表取締役社長 岸 直彦
事業領域:総合制作事業
※「顧客化力」は博報堂プロダクツの登録商標です。


メディア窓口
Esther Chew
Sr. Manager, Corp Comm & Marketing
20 McCallum Street, #04-01, Tokio Marine Center, S(069046)
echew@stratacache.com
+65-8123-8595

Takuma Takahashi | 高橋 琢磨
Country Sales Manager
501 Sanno Grand Building 2-14-2 Nagatacho Chiyoda-ku, Tokyo 100-0014
takuma.takahashi@scala.com
080-7000-4838

配信元企業:SCALA株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ