寺田心が、8月10日に東京・江戸総鎮守 神田明神で行われた映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(8月13日[金]公開)の“大魔神復活イベント”に出席。杉咲花、猪股怜生、三池崇史監督と共に、作品の注目ポイントなどを語った。

【写真を見る】全長9.8メートルにも及ぶ“大魔神”に驚く寺田心ら

同作は1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画「妖怪大戦争」がスケールアップし、「妖怪大戦争 ガーディアンズ」としてスクリーンに復活。有名妖怪をはじめ、映画オリジナルの妖怪、さらに今回は世界中のモンスターも加わり、妖怪ワールドが拡大していく。

数奇な運命に導かれ世界の存亡を懸けた戦いに挑む主人公・渡辺兄を演じる寺田は、夏らしい浴衣姿で登場し、「すごく涼しくて気持ちいいです」と“着心地”に笑顔を見せる。

作品の注目ポイントを聞かれ「注目してほしいところがいっぱいあり過ぎていつも迷っちゃうんですけど、武器も細部までこだわっていてカッコいいです。SUMIREさんが演じていらっしゃる茨木童子の斧のハートの装飾がかわいくてお気に入りです!」と語った。

また、今作に登場する狸の大妖怪・隠神刑部を演じる大沢たかおビジュアルについての話題になると、寺田は「(驚く)お芝居でビックリするというよりは、本当にビビっていたというか…おびえていたのかなって思いました。『かーっ!』て言われたときの迫力というか、圧力みたいなものもすごく感じで、押されてそのまま(演技として)表現できたというか、(自分の驚き方が)リアルでした」と振り返った。

そして、全長9.8メートル(等身大)の“大魔神バルーン”のお披露目では、弟・渡辺ダイ役の猪股と共に「令和の日本に復活せよ!大魔神!」とピッタリそろった掛け声を送り、大魔神が復活。

あまりの大きさに「えぇ~!」「うお~」と驚きの声を上げつつ、寺田は「すっごく大きいですね。セットとかではお会いしたんですけど(笑)。映画では体の下半身とかCGなので、この場で間近で見せていただくと迫力を感じます」と感想を述べた。

そして最後に「今日こうして大魔神が復活し、あらためて時の重みを感じています。いよいよ3日後に公開します。『妖怪大戦争 ガーディアンズ』をぜひよろしくお願いいたします」とアピールし、締めくくった。

寺田心が「妖怪大戦争 ガーディアンズ」大魔神復活イベントに出席した