アルゼンチン代表FWリオネル・メッシパリ・サンジェルマンPSG)移籍が目前に迫っている。10日、イギリスメディアスカイスポーツ』など現地大手メディアが一斉に報じた。

 メッシ2021年6月30日をもって前所属のバルセロナと契約満了。再契約に向けて両者は合意に近づいていたが、ラ・リーガの規定による経済的・構造的な障害を理由として、メッシは5日にバルセロナからの電撃退団が発表された。

 退団発表後から新天地の候補に挙げられていたPSGとは、2023年6月30日までの2年契約で合意したようだ。また、契約には1年の延長オプションが付帯しており、年俸はボーナス込みで3500万ユーロ(約45億円)とされている。

 なお、メッシはすでに家族とともにバルセロナの空港に到着しており、10日のパリ入りが期待されている。さらに、父で代理人を務めるホルヘ・メッシ氏はスペインメディア『La Sexta』に対し、メッシPSG加入を認めたとも伝えられている。

 メッシ加入の正式発表は11日に行われると予想されており、14日に控えるリーグ・アン第2節ストラスブール戦で早くもデビューを飾る可能性があるようだ。

メッシのパリ・サンジェルマン移籍は決定的 [写真]=Getty Images