最近はプロポーズをして結婚を決めてから、二人で一緒にジュエリーショップに行って結婚指輪と婚約指輪を同時に買うカップルも増えてきました。しかしながら、やはりドラマなどの影響でサプライズプロポーズに憧れている男性の中には、自分で先に婚約指輪を購入してプロポーズする人も少なくはありません。では、そんな婚約指輪が自分の趣味じゃなかった場合、どうすれば良いのでしょうか。


婚約指輪は日常的につけないから気にしなくてOK

婚約指輪は非常に重要な意味合いを持つアイテムですが、実際はそれほどつける機会はありません。プロポーズされてから入籍までの期間の他は、記念日や友達の結婚式の時に結婚指輪と重ねづけするくらいです。また、プロポーズされてから入籍までの期間も「傷つけそう」などの理由でつけない人もいます。そのため、デザインが気に入らなくてもそれほど気にする必要はないでしょう。


結婚指輪は好きなものを二人で選ぼう

婚約指輪はそもそもつける機会が少ないので、デザインをそれほど気にする必要はありません。ただし、結婚指輪は基本的には日常的につけるものです。こちらは気に入らないデザインだと毎日後悔する恐れがあるので、絶対に二人で気に入ったものを選ぶようにしましょう。彼氏だけに選ぶのを任せるのは、趣味が合わない恐れがあるので要注意です。彼が選んでくれると言っても「日常的につけるから実際につけ心地を確かめたい」などと主張して、二人で選ぶようにしてください。


文句を言うのはNG

一生に一度の記念品のデザインが気に入らないと、微妙な気持ちになるのも当然です。数十万円かけていると思うと「無駄なお金の使い方して!」とイライラしてしまうかもしれません。ですが、いくらデザインが気に入らなくても文句を言うのはNGです。せっかくプロポーズしてくれた彼の気持ちを台無しにしてしまうかもしれません。つける機会が少ないのですから、デザインが気に入らなくても我慢するようにしましょう。


好みじゃない婚約指輪でも文句を言わないようにしよう!

好みではない婚約指輪をもらってしまうと、テンションが下がるかもしれません。しかし、そこで文句を言うと雰囲気が悪くなる可能性があります。「あまりつけるものでもないし」と諦めて、お気に入りの結婚指輪を選ぶ方向に気持ちをシフトしましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

彼がくれた【婚約指輪】が好みじゃない!こんな時どうする?