第78回ゴールデングローブ賞にて俳優部門2部門のノミネートを果たした、ジョディ・フォスターやベネディクトカンバーバッチらが出演する実話を基にした映画『THE MAURITANIAN(原題)』が、邦題を『モーリタニアン 黒塗りの記録』として10月29日より公開されることが決定。ポスタービジュアルと場面写真が解禁された。

【写真】『モーリタニアン 黒塗りの記録』場面写真

 本作は、9.11の首謀者の1人として拘束され、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていたモハメドゥ・ウルド・スラヒの手記「モーリタニアン 黒塗りの記録」(河出文庫)を映画化。2015年に出版された同書は、アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされていたが、またたく間にアメリカで大ベストセラーを記録。その後、世界20か国で刊行された。

 監督を務めるのは、『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』(1999)でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したケヴィンマクドナルド。出演はジョディやベネディクトのほか、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー。プロデューサーも務めるベネディクトは、このモハメドゥの著書を読んで惚れ込み「これは映画化すべきだ。誰が映画化権を持っているのか調べなきゃいけない」と急ぎ獲得に動いた。

 本作での演技で第78回ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞したジョディは、原作のことも彼の物語のこともオファーを受ける以前から知っており、グアンタナモや当時そこで起きたことについて多くの疑問を抱いていたという。「私が生きている時代のことなのに、なぜかそうした疑問に対する答えを私は一切知らなかった。まったく何も知らないということに我ながら驚いた。私たちの誰もが9.11の出来事にものすごい衝撃を受けたために、アメリカ中に恐怖心があふれていた。そのせいで誰が抑留されているのかについては、ほとんど考えていなかったのだと思う」と語っている。

 同ゴールデングローブ賞に主演男優賞でノミネートされたタハールは「初めて脚本を読んだときには泣いたよ。素晴らしいストーリーだった。彼はヒーローだ。一人の俳優として、そして一人の人間として、僕は、このストーリーは語られるべきだと思った」と作品への熱い想いを明かしている。

 映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』は10月29日より全国公開。

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』ポスター (C)2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.