ペンシルベニア州にある家の壁の中から最近、約45万匹のハチが発見され駆除された。家主は12月に家を購入したばかりで、春になりハチの活動が活発になったことで巨大なコロニーがあることを知ったという。『New York Post』『7NEWS』などが伝えている。

ペンシルベニア州在住のサラ・ウィーバーさん(Sara Weaver)は昨年12月、同州モンゴメリー郡スキップパックにある1872年に建てられたファームハウスを購入し、一家で移り住んだ。

6年も家探しをしていたというウィーバーさん夫妻は、売主から「壁のなかにハチがいる」と警告を受けていたものの、子供たちが通う学校の学区内で手頃な価格の家が見つかったことを喜び、ホームインスペクション(住宅診断)をすることなく入居、何事もなく冬が過ぎた。

しかしながら暖かい春がやって来ると夫妻は、警告を重く受け止めずに入居したことをひどく後悔することになった。

サラさんは「家の中で日に日にハチの数が増えていってね。家を購入した時の状態はあまりよくはなかったし、窓も相当汚れていたの。あの頃は窓に泥がついているのだと思っていたけど、あれはハチミツだったのよ! そのうち家の壁にベットリしたハチミツが滴り落ちるようになったの」と当時を振り返る。

危機感に襲われた夫妻は、地元でヨーキーズ・ハニー・ファーム(Yerkes Honey Farm)を経営する傍ら建設業を営むアランラッタンジさん(Allan Lattanzi)に壁の中を調査してもらうことにした。

実はアランさん、4年前にも以前のオーナーから壁の中のハチの調査依頼を受けていたそうで、「あの時は『費用が高すぎる』と言われて、駆除をしなかったんだ。そしてそのまま家が売りに出されたのさ」と明かすと、このように続けた。

「壁の中には少なくとも35年間、ハチが棲みついていたと思う。推定で45万匹になるだろうね。」

「作業はハチの巣がある家の壁のタイルを全てはがして、ハチを傷つけないように慎重に行ったんだ。もちろん女王バチも捕獲した。そうして1週間だけで3つのハチのコロニーを自分のファームに移したよ。これまでで最大規模のプロジェクトになったね。」

夫妻はハチの駆除と家の修繕に約132万円(12000ドル)を費やしたそうで、現在は家を貸し出している。サラさんは「今でもショックをぬぐい切れないの。ただ駆除以降、ハチの報告は受けていないわ。予定が随分狂ってしまったけど、できれば来年には家に戻る予定よ」と述べている。

画像は『Inquirer.com 2021年8月5日付「450,000 bees removed from walls of Montgomery County home」(Allan Lattanzi)(Image courtesy of Sara Weaver)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト