8月10日夜11:56〜深夜0:53、毎日放送(MBS)にて「ごぶごぶ」が放送。7月20日放送回に引き続き、浜田雅功らの“相方”に長嶋一茂が登場。長嶋が大阪でやりたいという四つのことをかなえていく。

【写真を見る】物理的に体が大炎上した天竺鼠・瀬下豊。浜田雅功の悪魔の無茶ぶりで顔面も炎上

後半戦の最初は、「大阪に来た時に行ける健康になれるスポット」を紹介するべく、芸人リポーターとして天竺鼠・瀬下豊が登場。大阪・森ノ宮にある治療院を訪れると、中国の医者の資格と日本の整体師の資格を持つすご腕の持ち主だというカク先生が登場。

■足ツボ&過激健康法に瀬下、大暴れ!

そして、瀬下豊がお薦めしたいことが「中国式・足ツボマッサージ」。カク先生の足ツボは一味も二味も違うということで、体験する瀬下は「チャンスの匂いがします!!」と気合十分。「チャンスチャンス…仕事来るチャンス‥」と自分に言い聞かせるも、足ツボを押されるなり、想像以上の痛さにもん絶する。さらに、スタッフから「一茂にピッタリの健康法がもう一つある」と告げられ、これも瀬下が体験することに。

ほぼ裸でベッドに寝転がる瀬下の上に何枚もタオルが被せられ、得体の知れない液体がかけられる。不安になった瀬下が「何してます!?」と暴れ出すが、先生やスタッフから「本当に危険なので動かないで!」と制止される。恐怖が倍増したところで、おもむろにカク先生がタオルに火を付け、瀬下が大炎上する。

文字通り火だるま状態になった瀬下が大絶叫する中、浜田が「顔とかにできるんですか?」とさらに追い打ちをかける。そんな浜田のむちゃぶりに、カク先生は容赦なく瀬下の顔の上にタオルを乗せて、再び点火するのだった。 

相方の長嶋一茂の願いをかなえるべく、大阪・北新地の仲良いクラブのママも登場/(C)MBS