8月10日の“ハートの日”にちなんで映像配信サービスdTVでは、「最もハートウォーミングだと感じる映画」のアンケート調査を実施。調査の結果、ジャックニコルソンヘレン・ハント共演のラブストーリー恋愛小説家」(1997年)が97票を獲得し第1位に輝いた。

【写真を見る】動物たちにも癒される!第2位の「幸せへのキセキ」

不器用な大人の恋をユーモアたっぷりに描いた同作は、ニコルソンとハントがアカデミー賞主演男優賞・同女優賞を受賞したことでも話題になった。大人の恋愛のバイブル的作品として、今なお世界中で愛されている恋愛映画だ。

選んだ理由として「とにかくヘレン・ハントが好きだから」(40代・女性)、「いくつになっても、人を愛する気持ちを忘れないで、気持ちを若く保つ大切さが描かれているから」(40代・女性)などが挙げられた。

■2位以降も心温まる作品が続々ランクイン

第2位は、妻を亡くした男性が動物園を立て直すことで悲しみを乗り越えていく姿を描いた「幸せへのキセキ」(2011年)で90票を獲得。選んだ理由として、「登場人物たちの成長や周りの人々の温かさが描かれているから」(50代・男性)、「視聴した時に心温まる気持ちになったため」(40代・女性)、「疲れている自分を癒やすため」(50代・女性)などが挙げられた。

そして、87票を獲得し第3位になったのは、第91回アカデミー賞作品賞を受賞した「グリーンブック」(2018年)。黒人ジャズアニストとイタリア系白人運転手の2人が、黒人用旅行ガイド“グリーンブック”を手に旅を続ける中で友情を深めていくというストーリーは、多くの人々の胸を強く打った。

選んだ理由として、「人種差別の苦悩と友情の素晴らしい映画」(30代・男性)、「差別問題が解消されるわけではないが、当事者と深く関わることで自身の価値観が大きく変わることがあることを教えてくれるから」(50代・女性)などが挙げられた。

続いて第4位は、ジェームズ・スチュアート主演、フランク・キャプラ監督が贈る「素晴らしき哉、人生!」(1946年)で80票を獲得。アメリカの良心を描いたストーリーに「ラストに持っていくまでの過程が素晴らしき哉」(40代・男性)、「気持ちが通じた」(40代・女性)などのコメントが寄せられた。

<最もハートウォーミングだと感じる映画TOP10>

第1位 「恋愛小説家」(97票)

第2位 「幸せへのキセキ」(90票)

第3位 「グリーンブック」(87票)

第4位 「素晴らしき哉、人生!」(80票)

第5位 「Re:LIFE~リライフ~」(76票)

第6位 「イエスタデイ」(74票)

第7位 「ハート・オブ・ウーマン」(68票)

第8位 「はじまりのうた BEGIN AGAIN」(66票)

第9位 「リトル・ミス・サンシャイン」(63票)

第10位 「人生、ブラボー!」(60票)

さらに「傷ついたときや落ち込んだとき、映画を見て自分を励ますことはありますか?」というアンケートでは「ある」156票、「ない」65票という結果に。心温まると感じる映画をジャンル別に見てみると、「家族がテーマの作品」136票、「友情を描いた作品」130票、「恋愛を描いた作品」92票、「動物が登場する作品」72票という結果になった。

アンケート調査方法>

調査期間:2021年7月28日8月9日

調査対象:dTV有料会員

調査方法:インターネットによるアンケート(※複数回答可)

大人の恋愛のバイブル的作品「恋愛小説家」が首位を獲得/(C)1999 GLOBAL ENTERTAINMENT PRODUCTIONS GMBH & CO. MEDIEN KG AND SPE GERMAN FINANCE CO. INC. ALL RIGHTS RESERVED.