子ども向けSDGs持続可能な開発目標)番組『ひろがれ!いろとりどり』のマスコットキャラクター水の妖精アオと光の妖精キイが登場するアニメシリーズ『アオとキイ』が、NHK Eテレにてスタート。声のキャストとして、神木隆之介二階堂ふみ千葉繁が出演する。

【写真】アニメシリーズ『アオとキイ』場面写真

 本作は、子ども向けSDGs番組『あおきいろ』のメインコーナーとして放送される。声優キャストとして、アオ役を神木隆之介、キイ役を二階堂ふみ、イロトリドリ役を千葉繁が務め、まずは新作3話が放送される。

 のんびりやさんで穏やかなアオと、好奇心旺盛でおしゃべりなキイ。正反対の性格だけれども、2人はいつもお互いのことを思いやり、ともに悩み、ともに笑い、ともに成長していく。そんな2人が心を重ね合う日々を描いたストーリーを通じて、子どもたちの「共生マインド」を育んでいく。

 神木は「アニメを通して、子どもたちには、この世界には素敵なものがいっぱいあるんだと、立ち止まって周りを見たらきれいな花があるんだと思ってもらえたらうれしいです。アオのように急がずに、自分のペースで、周りが早かったとしても無理をしないで、のびのびと生きていってほしい。一回通ったのに見そびれたもの、気付かなかったものを発見するというのは大事だなと、いま28歳でこの番組に携わっていてそう感じます」と話す。

 二階堂は「アオとキイは全然違うキャラクターで、それがとてもいいなと思います。神木さんと私の関係性のように、お互いにないものを持っていて、それが個性なのだと気づかせてくれますし、神木さんも私の個性を認めてくださっていることをお会いするたびに感じるので、それがアオとキイの関係性に表れてくるのではないかなと思います」とコメント

 『あおきいろ』では、『アオとキイ』以外に、自然の模様を観察するコーナー子どもたちが考えたSDGsかるた作品も紹介する。

 アニメシリーズ『アオとキイ』は、8月11~13日各9時、NHK Eテレ『あおきいろ』内にて放送。

アニメシリーズ『アオとキイ』に出演する神木隆之介、二階堂ふみ (C)NHK