ポノス株式会社は、「このアプリで幸せになりました。」という謎のジャンルゲームアプリ本当の幸せ』の配信を開始した。また、あわせて公式サイトと公式Twitterを開始している。

 プラットフォームはAndroidiOS。価格は無料(広告あり)となる。

 『本当の幸せ』は、中年の男性が瞑想しながら空を飛ぶアクションゲームタッチ操作で、敵を避けたりコインを集めたりしながら、さまざまな世界を旅して、沢山の「ポーズ」を習得していく。敵や頭に浮かんだ雑念(文字)を避けて、ステージの一番上を目指して「本当の幸せ」を見つけることが目的だ。

 また公式サイトや配信サイトでは、「『本当の幸せ』はゲームアプリです。プレイすることによる幸せの感じ方には個人差があります。また、プレイすることで必ず幸せになれることを保証するものではございません」と記されている。

 公式サイトは、「本当の幸せ」とは何かという怪文書が羅列されており、持っているだけで幸せになれそうな気がする「幸福ツボ」、飲むと病気が治りそうな気がする「ありがたい水」などの怪しさ満点のバナー広告が配置されている。

 なにかの新興宗教バックにいるスピリチュアルゲームのように思えてくるが、本作を制作したのは『にゃんこ大戦争』や『にゃんこ大泥棒』を開発したポノス。どうやらそういった怪しいコンセプトゲームアプリのようだ。バナー広告は実際にはGoogle Playの配信サイトに飛ぶだけなので、安心して欲しい。

 ジャンルは「このアプリで幸せになりました。」と銘打っているが、実態としては奇天烈な弾幕避けシューティングゲームのようである。

 なお「本当の幸せとは何か」という態度は、ある種のシニシズム(冷笑主義)といえるだろう。エンタメや芸術、料理、学問、自然、人間の英知、歴史、先人や子供への感心を絶やさなければ、そういった抽象的な疑問を感じる必要はそもそもないはずだ。

 そして人間は快楽や贅沢を求める欲深い動物であるとしたうえで、社会や常識とバランスをとっていけばいい。本当の幸せとは何かを求める前に、まずはこの複雑怪奇な世界そのものの魅力に気付いてみよう。

 ゲームアプリ『本当の幸せ』は配信中だ。

『本当の幸せ』公式サイトはこちらからGoogle Play『本当の幸せ』App Store『本当の幸せ』はこちら