映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(8月13日公開)の大ヒットを祈願し、“大魔神”を令和の東京に降臨させるという公開直前イベントが、8月10日に江戸総鎮守・神田明神で開催。主演の寺田心杉咲花、猪股怜生、三池崇史監督が浴衣で登壇した。寺田と猪股の掛け声により、9.8メートルもの大魔神の等身大バルーンがお披露目されると、寺田は「間近で見させていただくと迫力を感じます」と感激した。

【写真を見る】かわいい!杉咲花、浴衣姿の全身ショット

猪股も「本当にすごいですね。僕は撮影の時、大魔神の肩に乗って撮影したんですが、こうしてみると迫力がすごいです」と興奮しながらコメントすると、杉咲も「こんなに大きいとは思わず。カッコいいです!」と笑顔を見せた。

三池監督は「我々が想定してる大きさとほぼ同じで、10メートルを少し切るくらい。昔の大魔神と比べると、2倍ほど大きくなってます。時代も変わって、大魔神そのものも大きくなってないと活躍できないから」と解説した。

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』では、20XX年、列島を南北に縦断する断層、大地溝帯=フォッサマグナから現れた「妖怪獣」により、人間界に未曽有の危機が訪れる。そんななかで、伝説の武神「大魔神」を復活させようと、古代の妖怪ハンター、渡辺綱の血を継ぐ宿命の兄弟たちが冒険に身を投じていく。

三池監督は「いまのコロナの状況になって、まったく未知なものが社会を揺るがし始めたころに、本作の撮影が始まって、みんなで気をつけながら、なんとか乗り切って撮影し、1年の間、CGなどの作業で丁寧に磨きあげるようにして作った作品です。ウイルス対策を万全にして劇場でお待ちしてます」と手応えを口にした。

猪股は「妖怪ってこんなにいるの?って思うくらいいっぱい出てきます。妖怪って見えない人がほとんどだと思うんですが、映画を通して、一緒に妖怪の世界に入り込んで、冒険を楽しんでいただけたらうれしいです」としっかりコメント

杉咲も「すごく不思議な館に迷いこんでしまったようなワクワク感を感じつつ、真っ直ぐがむしゃらに進んでいく途中で、人を信じること、素直な気持ちを伝えるという、とってもピュアな勇気をもらえる作品になっていると思います」とアピール

寺田は「今日こうして大魔神が復活し、改めて時の重みを感じています。いよいよ3日後に公開される『妖怪大戦争 ガーディアンズ』をぜひよろしくお願いします」と力強く締めくくった。

取材・文/山崎伸子

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の公開直前イベントが開催