インテルは10日、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(33)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

イタリアスカイ』の解説員であり、移籍市場のエキスパートであるジャンルカ・ディマルツィオ氏によれば、インテルナインゴランは10日に話し合いを実施し契約解除に合意。

インテル2022年6月30日まで残る年俸の半額をナインゴランに支払うことで契約を解除するに至った模様だ。

2010年1月~2014年1月にかけて在籍したカリアリで台頭したナインゴランは、その後移籍したローマトッププレーヤーへ飛躍。しかし、2018年夏に移籍したインテルでは結果を出せず、2019-20シーズンはカリアリにレンタルで復帰していた。

2019-20シーズンセリエA26試合の出場で6ゴール6アシストとさすがの存在感を示したが、昨夏に復帰したインテルではセリエAで4試合の途中出場、チャンピオンズリーグで1試合の途中出場に終わり、アントニオ・コンテ前監督の構想外となっていた。

出場機会を求めるナインゴランは、今冬に再びカリアリへレンタルで加入するとセリエAで22試合に出場し1ゴールを記録していた。

インテルは今季も余剰戦力となることが確実となっているナインゴランの売却に着手しており、昨季のレンタル先であったカリアリと長らく交渉を行っていたが、最終的に合意に至っていなかった。

8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像