詳細画像はこちら

鮮やかなイエローにブルーアクセント

textJack Warrickジャック・ウォリック
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ロータスエヴァイヤが、アイルトン・セナインスパイアされたカラーリングでモントレー・カー・ウィークに登場する。新型エミーラとともに公開される予定だ。

【画像】特別カラーのエヴァイヤ【エミーラと写真で比較】 全73枚

このカラーリングは、アイルトン・セナ1987年デトロイトGPで優勝したロータス99Tにインスパイアされたもので、鮮やかなイエローペイントブルーのアクセントを加えている。

詳細画像はこちら
ロータスエヴァイヤ    ロータス

セナがロータスで最後の勝利を収めたのは、ロータスとしては初めてホンダエンジンを搭載した、最高出力811psを誇るRA166-E V6ターボの99Tだ。99Tでの活躍により、ドライバーズ選手権では優勝したネルソン・ピケと2位のナイジェル・マンセル(ともにウィリアムズ)に次ぐ3位を獲得した。

99Tには、コンピューター制御のアクティブ・サスペンションが装備され、起伏が激しく技術的な要求の厳しいストリートサーキットにも対応し、車重はわずか538kgだった。

2000psのエヴァイヤは、ロータス初の完全EVである。モントレー・カー・ウィークに登場するのは、2019年以来2回目となる。モントレーでデビュー後は、日本、中国、中東で展示された。


■EVの記事
【セナをイメージしたカラー】ロータス・エヴァイヤ 米国の自動車イベントに登場
【市民は急いでいない】EV普及率、楽観視できず 英国自動車工業会が予測 政府予測とずれ
【16インチの折り畳み】ペリー eホッパーへ試乗 0.34ps 最高25km/hまでアシスト可能
【実物の3/4スケール】フェラーリ 250テスタロッサの電動レプリカ発表 価格は約1200万円から

【セナをイメージしたカラー】ロータス・エヴァイヤ 米国の自動車イベントに登場