渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら(超新塾)の3人が主演を務めるドラマ「イタイケに恋して」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の第6話が、8月12日(木)に放送となる。

【写真を見る】菊池風磨“飯塚”も魅了…妖艶な魅力があふれ出す片山萌美“たまみ”

同作は影山(渡辺)、飯塚(菊池)、マリック(アイク)の不器用でモテないこじらせ男子3人が、「ブル美」のニックネームで活動する恋愛インフルエンサー・佐知(石井杏奈)の助手として恋愛相談の解決に奮闘する物語。

影山の元カノ・結花(石川恋)、謎の恋愛AIシミュレーター六郎さん(升毅)らも交えて、ちょっぴりイタくて、ちょっぴりカワイイ男子たちを見守らずにはいられない“イタきゅん”ラブコメディーが展開される。

第6話では、影山、飯塚、マリックの元に、菜野花(仁村紗和)という女性がやってくる。菜野花は、兄・秀雄(濱津隆之)と、兄の交際相手で連続殺人事件の容疑者・福本たまみ(片山萌美)を別れさせてほしいと依頼する。

公式サイトで見ることのできる第6話の予告動画や先行カットでは、菜野花からたまみの名前を聞いた影山らが「シリアルキラーじゃん!」と驚く様子や、たまみへの思いが本当かたずねられた秀雄が「彼女の魅力は会えばわかります! 僕たちの愛が本物だということも」と力強く話す姿、さらに、たまみに会いに行った飯塚が「めっちゃ好きや!」と一瞬で心を奪われてしまう姿などが公開されている。

■第6話あらすじ

菜野花(仁村紗和)という相談者が研究所を訪れる。影山(渡辺大知)、飯塚(菊池風磨)、マリック(アイクぬわら)は、彼女の悩みを聞く。

菜野花の兄・秀雄(濱津隆之)は32歳の今まで、恋愛経験がなかった。そんな彼が、恋をした。その相手は、世間を騒がせているゴルフ愛好家連続殺人事件の容疑者・福本たまみ(片山萌美)だった。

たまみをキャディに付けてゴルフコースを回った男性がなぜか数日後、遺体で発見される事件が発生。3年で8人が失踪し、亡くなった。

不可解な連続死は、ゴルフ愛好家連続殺人事件として注目を集め、たまみが殺人容疑で逮捕される。しかし、彼女が犯人という決定的な証拠はなかった。

スポーツ紙記者の秀雄は、取材で勾留中のたまみに面会して恋に落ち、結婚の約束までしていた。もしも、たまみが証拠不十分で不起訴になったら、秀雄が彼女のターゲットとなって殺されてしまうのではないかと心配する菜野花。彼女は、秀雄とたまみを別れさせてほしいと依頼する。

影山、飯塚、マリックは、“どうして獄中の人を好きになるのか?”をテーマに話し合う。

しかし、連続殺人を犯したかもしれない女性に惹かれる理由が分からない。佐知(石井杏奈)は、秀雄本人に聞いてみることを提案。3人は、研究所に秀雄を呼んで彼の思いが本物かを確かめると、秀雄は、実際に会えばたまみの魅力が分かると告げる。

たまみに興味を持った飯塚は、彼女に会うため、拘置所へ向かう。面会を終えて帰ってきた彼は、たまみにすっかり魅了されていた。影山とマリックは、たまみがどんな女性なのか興味津々。飯塚は、彼女にプロポーズしたと言い出す。

片山萌美“たまみ”の元へ面会に行く渡辺大知“影山”/(C)ytv