きょう11日(水)は、前線がかかる影響で西から天気が崩れるでしょう。九州は雷を伴って非常に激しく降る所がありそうです。この前線はあす以降も本州付近に停滞するため、広い範囲で雨が続き、大雨となる所があるでしょう。総雨量がかなり多くなる可能性がありますので、最新の予報をこまめに確認して下さい。
北日本や北陸は次第に天気が回復しますが、これまでの雨で地盤が緩んでいるため、引き続き土砂災害に警戒が必要です。関東と東海は午前中ほどよく晴れそうです。

最高気温は本州の広い範囲で30℃を超えて、関東の内陸では35℃以上と危険な暑さになるでしょう。熱中症にお気をつけ下さい。

気象予報士・小林 雅美)

11日の天気予報。