【元記事をコミックナタリーで読む】

筒井哲也原作による実写映画「ノイズ」の公開日が2022年1月28日に決定。併せて特報映像、ティザービジュアル、追加キャストが発表された。

【大きな画像をもっと見る】

ノイズ」は、絶海に浮かぶ孤島・猪狩島を舞台に描かれるサスペンス。島の青年・泉圭太と幼なじみの猟師・田辺純、そして新米警察官の守屋真一郎が、猪狩島を訪れた元受刑者の“サイコキラー”小御坂睦雄を誤って殺してしまったことから、物語が動き出す。映画では圭太役を藤原竜也、純役を松山ケンイチ、真一郎役を神木隆之介が演じる。

今回、小御坂役を渡辺大知が演じることが明らかに。渡辺は「僕の役柄は登場人物たちの平穏な生活を揺さぶる、まさに『ノイズ』のような存在でした」と役について説明。続けて「そんな『ノイズ』の僕を、現場のスタッフキャストの方々はとても温かく迎え入れてくれました。素敵な縁をいただき、感謝しています」と語った。

特報映像は、圭太が小御坂を殺してしまうシーンからスタート。「島も、俺も、終わりだよ」と苦悩する圭太だったが、純、真一郎とともに死体を隠すことを決意する。迫りくる警察、不穏な動きを見せる島民など、この殺人をきっかけにのどかだった猪狩島が一変していく様子が30秒にまとめられた。ティザービジュアルには圭太、純、真一郎の背後に殺害された小御坂の姿が。3人の間には、「殺した。埋めた。バレたら終わり。」というコピーが入れられている。

渡辺大知(小御坂睦雄役)コメント

この映画は日常に起こり得る、人間同士の関係性が作る恐怖に焦点を当てた映画だと思います。
そして僕の役柄は登場人物たちの平穏な生活を揺さぶる、まさに「ノイズ」のような存在でした。でも、そんな「ノイズ」の僕を、現場のスタッフキャストの方々はとても温かく迎え入れてくれました。素敵な縁をいただき、感謝しています。

映画「ノイズ」

2022年1月28日(金)全国ロードショー

スタッフ

原作:筒井哲也「ノイズ【noise】」(集英社 ヤングジャンプ コミックス GJ 刊)
監督:廣木隆一
脚本:片岡翔
音楽:大友良英
企画・プロデューサー:北島直明
製作・企画:日本テレビ放送網
制作:クレデウス
配給:ワーナー・ブラザース映画

キャスト

泉圭太:藤原竜也
田辺純:松山ケンイチ
守屋真一郎:神木隆之介
小御坂睦雄:渡辺大知

映画「ノイズ」ティザービジュアル (c)筒井哲也/集英社 (c)2022映画「ノイズ」製作委員会