2021年8月10日(火)第103回全国高等学校野球選手権大会の開会式にて、大会歌「栄冠は君に輝く」を、アーティストとしては初めて独唱した山崎育三郎。 

そんな山崎が、8月11日(水)発売のニューシングル「誰が為」のミュージックビデオを解禁した。

山崎育三郎「誰が為」ミュージックビデオ

ミュージックビデオは、青空の下、野球場のマウンド上で、真っすぐ前を見据え、優しく、ときに力強く、聴き手に寄り添うように歌う山崎が印象的な作品となっている。

「誰が為」は、小学生の頃、軟式野球で全国大会ベスト8まで進出するなど、野球に真剣に取り組んでいた山崎が、昨年甲子園出場が決まっていたにも関わらず、新型コロナウィルスの影響で中止になり試合が出来なくなってしまった元高校球児と対談をし、歌詞の中にそのリアルな言葉を取り入れ、森山直太朗の作詞共作者でもある詩人、御徒町凧が書き上げた。あらゆるスポーツ吹奏楽など、頑張る学生に向けたエールソングになっている。

山崎育三郎