パタリロ」などで一世を風靡した魔夜峰央原作の漫画を実写映画化した『翔んで埼玉』(19)。興収37.6億円を記録した話題作の続編『翔んで埼玉Ⅱ』(2022年公開))の制作が決定し、前作でW主演を務めたGACKT二階堂ふみが続投することが明らかになった。

【写真を見る】原作者・魔夜峰央&武内英樹監督、GACKTの存在感で映画化成功を確信

前作は原作の特徴でもある埼玉を強烈にディスる展開や自虐ネタが散りばめられた、東京を頂点とした関東一帯の壮大な下剋上の物語。「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」「埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ!」などインパクト大なセリフが反響を呼び、社会現象を巻き起こし、第43回日本アカデミー賞では監督賞など3部門で最優秀賞に輝いた。

今回の決定に魔夜は「改めて言うが、正気か」と困惑気味。また麻実麗役のGACKTも「不安しかありません」と笑いを交えコメント。また、壇ノ浦百美役の二階堂は「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です」と喜びを明かしている。

製作陣も監督の武内英樹、脚本の徳永友一、プロデューサーの若松央樹ら『翔んで埼玉チームが再集結。武内監督は「新しい仲間(?)と共に全力で」と新らたなキャラクターの登場を早くも匂わせている。耽美とギャグが混然一体となったエンターテインメントの続編は、はたしてどんなブッ翔んだ展開で楽しませてくれるのか?続報を待ちたい。

スタッフキャストコメント

魔夜峰央(原作)

「改めて言うが、正気かおまえら」

●武内英樹(監督)

「『翔んで埼玉』続編が遂に始動します。前作では思いっきり(愛を込めて)ディスっていたにも関わらず、埼玉の皆さんが心から映画を楽しんでくださり、改めてその埼玉愛に驚かされました。続編だからこそできる、壮大なスケールでお届けする日本最高峰の茶番劇をお届けしたいと思っています。GACKTさん、二階堂ふみさんや、信頼できるスタッフ、そして新しい仲間(?)と共に全力で作品を作ってまいります。是非、ご期待ください。

●若松央樹(フジテレビプロデューサー)

「前作の公開中、埼玉の皆様には『もっとディスっても大丈夫!』という声や、他県の皆様には『埼玉がうらやましい』『自分たちの地元もいじって欲しい!』『翔んで〇〇もやってほしい!』など、ありがたい反響をたくさんいただきました。『翔んで埼玉』自体は、前作も原作にはないストーリーを多分に描いておりましたし、作品としては、前作で既に出し尽くした気持ちも強かったのですが、皆様の温かい声をいただき、武内監督や脚本の徳永氏の間で『続きを作ってみてはどうか』という話が自然と出るようになりました。その内容が思いの外盛り上がり、続編を制作することになりました。埼玉の皆様に支えていただき、前作はありがたいことに大ヒットすることが出来ました。続編では更にパワーアップした、我々なりの愛あるディスりで、埼玉の魅力を全国に届けてゆきたいと思っています。再びとはなりますが、何卒寛大な心で受け止めていただければと思っております」

GACKT(麻実麗役)

「再びこの、いい意味でくだらない最高のエンターテインメントに関われると思うと、今から、、、、不安しかありません。前作であれだけ埼玉をディスったにもかかわらず、監督はまたしても続編をやる気です。監督、バカなの?完全に壊れてます。。。そしてGACKTがまた高校生を演じるのか…、ダメでしょ?疑問は多く残りますが、前作でもご一緒した武内監督やふみちゃんがいれば、良い作品が作れると信じて、、、いや、むしろ、すべてお任せするしか、ありません。壮大な茶番の更なるパワーアップ、ぜひ楽しみにしていてください。不安です。。。」

二階堂ふみ(壇ノ浦百美役) 

パート2を作ってみせる!と現場で肩をぐるぐる回しながら仰っていた武内監督。まさかこの映画がヒットするとは。まさかこの映画が日本アカデミー賞にノミネートされるとは。パンクで誠実な物作りをされる武内監督、そして派手に踊らせる若松プロデューサー。真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です。パート1(まさかこの呼び方をする日が来るとは思わなかった)を遥かに超える大作を、最前線で感じられたらと思います。よろしくお願い致します」

文/入江奈々

待望の続編製作決定…なのだけど、いきなり埼玉県民に詫びる麻実麗&壇ノ浦百美/[c] 2022 映画「翔んで埼玉」製作委員会