藤原竜也松山ケンイチW主演の映画「ノイズ」が、2022年1月28日(金)に公開することが決定。また、追加キャストとして渡辺大知の出演が発表され、本編映像となる特報映像、ティザービジュアルも解禁された。

【写真を見る】渡辺大知演じる不穏な空気を漂わせるサイコキラー・小御坂睦雄

本作は、「予告犯」などを手掛けた筒井哲也による同名漫画を実写化したサスペンスストーリー

過疎化が進む孤島・猪狩島にある日、元受刑者のサイコキラー・小御坂睦雄(渡辺)がやって来る。

“黒イチジク”の生産で島復興を目指す泉圭太(藤原)と、圭太の幼なじみで猟師の田辺純(松山)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)は、小御坂の不審な言動に違和感を覚え追い詰めていくが、その日の夕方、圭太の娘の失踪を機に誤って小御坂を殺してしまう。

島の未来、そして家族の未来を守るため、3人はこの殺人を隠すことを決意する。

■不穏な空気を漂わせるサイコキラー・小御坂睦雄

この度、出演が分かった渡辺は、島に突如訪れたノイズサイコキラーの小御坂を演じ、自身の役柄を「(藤原や松山ら)登場人物たちの平穏な生活を揺さぶる、まさに『ノイズ』のような存在」と説明。同時に「そんな『ノイズ』の僕を、現場のスタッフキャストの方々はとても温かく迎え入れてくれました。すてきな縁をいただき、感謝しています」と語った。

また、解禁された特報映像は、不気味な猪狩島の全貌から始まり、冒頭で圭太が人を殺してしまうシーンが映し出される。

衝撃的な展開で幕が明け「島も、俺も、終わりだよ」と苦悩する圭太に、真一郎は「全部、なかったことにしましょう」と言い出し、3人は困惑しながらも死体を隠すことを決意する。

対照的に、島の復活に喜びの声を上げる島民の姿が交互に映され、島の未来を背負う圭太たちに重くのしかかるプレッシャーが感じられる。

さらには、この殺人をきっかけにのどかだった猪狩島が一変。迫りくる県警に不穏な動きを見せる保守的な島民たちの様子など、予測不能な新感覚サスペンスの行方が気になる映像となっている。

「ノイズ」ティザービジュアル/(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会