マッチングアプリメッセージのやり取りをしていると、楽しくて話が弾む人とは実際にデートをしてみるという人も多いでしょう。ですがマッチングアプリからLINEに移行しても楽しく話せて当日も楽しく過ごせたはずなのに、2回目のデートに誘うと相手に渋られてしまうという人もいます。では、なぜマッチングアプリLINEでは相性が良いように思えたのに、2回目のデートは断られてしまうのでしょうか。理由をチェックしてみましょう。


食事のマナーが合わなかった

相手と初回のデートでは、どこかのカフェレストランに入ることもあるでしょう。その時、食事のマナーが悪いと相手に幻滅されてしまい、二度と会いたくないと思われる恐れがあります。最低限、周りの人を不快にしない程度の食事のマナーを身につけているかはチェックしてみましょう。また、食事のマナーが良すぎても「高嶺の花」と思われて相手に避けられることもあります。完璧なマナーにこだわらず、TPOに合わせた振る舞いを覚えるのも大切かもしれません。


ファッションセンスが微妙だった

メッセージのやり取りだけだと分かりませんが、実際に会うとファッションセンスが気になる男性は多いようです。全く似合わない服を着ていたり、若作りしすぎの服を着てデートに行っていないでしょうか。服のセンスは良くても、自分自身には合わないということもありますし、TPOに合わなくて男性に恥をかかせたのかもしれません。自分のファッションセンス大丈夫かどうか、一度気を許している友達に聞いてみるのもおすすめですよ。


コミュニケーションテンポが違った

文章のやり取りでは相性が良くても、実際に会ってみるとコミュニケーションテンポが違うというケースもあります。たとえば話すテンポや食べるペース、歩くスピードなどは実際に会わないと分からないものでしょう。そうしたテンポが全て違うと「今後付き合っていてストレスが溜まりそう」と思われてしまう恐れがあるので注意です。


初回デートで終わりが続く場合はセルフチェックしてみよう!

自分は完璧にふるまっていて楽しく過ごせていても、初回のデートで断られるケースが続く場合、何か欠点があるのかもしれません。自分が楽しむだけではなく相手も楽しませているのか、一度チェックしてみましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

合うと思ったけど......マッチングアプリから【2回目のデート】に繋がらない理由