竜星涼主演のドラマ「家、ついて行ってイイですか?」(毎週土曜夜11:25-11:55、テレビ東京系)が8月14日(土)にスタートする。同作は、毎週水曜日に放送している同名バラエティー番組で実際に放送され、話題を呼んだ回をドラマ化した作品。今回、WEBテレビジョンでは竜星にインタビューを実施。演じるディレクター・玉岡直人との共通点や、共演者とのエピソードを聞いた。

【写真を見る】爽やかな雰囲気もカッコイイ!涼しげな背景を前に頬づえをつく竜星涼

――「家、ついて行ってイイですか?」がドラマ化するという話を聞いた時の感想をお聞かせください。

びっくりしましたね。以前、バラエティーの方に出させていただいたんですけど、バラエティー発信のものがこうやってドラマ化するっていうのはすごく面白いです。個人的にびっくりしながらも、内容はドラマになってもおかしくないドラマチックな内容のドキュメンタリーなので納得しました。いろんな縁が重なって主演がやれるのは、素直に驚きとワクワクした気持ちでいっぱいです。

――今回、演じるディレクターの玉岡直人という役との共通点はありますか?

玉岡はテレビ局で働いていながらも「ここにいることが正解なのか」と模索しています。仕事をしていると自分には向いていないのではないかと皆さん思うように、僕自身も役者が自分に向いているのかと思うこともあるので、すごく共感しました。

――実際に現場に入ってみていかがでしょうか。

カメラがすごく重いんですよ! 手首の負担を減らす持ち方は、やっていくうちに自然とできるようになりました。ディレクターの動きは上野さん※たちを見ながら学びました。僕自身もずっと持っていると重いので脇をしめたら少しは楽になるかなとか、考えつつやりながら習得しました。(※上野健=バラエティー番組「家、ついて行ってイイですか?」の実際のディレクター)

あと、共演者の方々にも、僕自身がカメラを回し、インタビューしていました。でも、カメラを持つと無敵だなと思いました。何を聞いても許されるわけではないですけど、いいコミュニケーションツールだと思ってやっていました。

■撮影では生っぽさを意識「あまり固めずにそこで起きたものを大事に」

――今回、本家のディレクターさんが演出のサポートをされていたとのことですが、その方たちの演出で印象的なことをお聞かせください。

実際に撮られているディレクターの方に持ち方からズームインの仕方など、さまざまなことを間近で見させていただき、教えていただきました。ディレクター影武者じゃないですが、皆さんの技術を少しでも盗めるようにカメラを持ち続けていました。そこは役づくりの上では欠かせない部分だったと思います。

あと、やっぱり話を聞けば聞くほど、オンエアされているものはたくさんの人たちの苦労があることをひしひしと感じました。

――他のドラマと撮影の仕方が変わっていたように感じますが、新鮮だった点や大変だったエピソードをお聞かせください。

ドラマが本家に似せるような作りになっているので、取材をしているところや、家に上がるところにほとんど僕は出てきません(笑)。本当に僕が撮った映像と、番組のディレクターの方たちがリアルに回している真後ろで声のお芝居をしていただけです。基本的には生っぽく撮ることを意識したうえで、あまり(流れを)固めずにそこで起きたものを大事にしようと思っていました。

スタッフ陣も中にいるといつ写るかわからないので、僕とカメラマンさんの二人だけで撮影するところもありました。だから、ゲストで来る方たちはびっくりしていましたね(笑)。その中で、逆にいいね、面白いねって言ってくれる方も多くて。いつの間にか本番が始まって、いつの間にか本番が終わるっていうのが、生っぽくもあり、皆さんも楽しく撮影していたんじゃないのかなあと思います。

――出演者との印象的なエピソードをお聞かせください。

オンエアでは使われませんでしたが、研ナオコさんとお芝居をした時に「ご主人は何のお仕事をされているんですか?」と質問したら、研さんがアドリブで「知らん!」って言って(笑)。残念ながらその部分は本編では使われなかったんですが、それが絶妙に面白くて、知らんって言葉が冗談で言っているようにも見えるし、本当に知らないって言っているようにも見えるし。でも、臨機応変に言葉が出てくる瞬発力はさすがだなと思いました。

――もし、芸能活動をしていなかったら、「家、ついて行ってイイですか?」と聞かれたらどうしますか?

テレビに出られるという喜びがあると思うので、いいですよってその場のノリで言ってしまうかもしれないです(笑)

サタドラ ドラマ「家、ついて行ってイイですか?」の主演を務めた竜星涼/(C)テレビ東京