人気ロックバンドRADWIMPSの野田洋次郎が出演する映画「キネマの神様」が、8月6日に全国公開された。野田は、若き日のゴウ(菅田将暉)の“盟友”で映写技師のテラシン役(現代のテラシン役は小林稔侍)で出演。インタビューでは、初参加となる“山田組”の印象と、山田洋次監督ならではの撮影秘話、そして、キネマの神様ならぬ“音楽の神様”について思うことを語ってもらった。

【写真を見る】クールな野田洋次郎の脚組みSHOT

松竹映画100周年を記念した「キネマの神様」は、作家・原田マハの同名小説を「男はつらいよシリーズなどでおなじみの山田監督が映画化した心温まるヒューマンドラマ

過去と現代が交錯する世界観の中で、映画制作に情熱を傾ける主人公・ゴウの若き日を菅田が、ギャンブル好きが原因で家族に見放された現在のゴウを沢田研二が演じる“二人一役”が話題を呼んでいる。

――主人公・ゴウの盟友であるテラシンは、どんな人物ですか?

非常にいい奴で、ゴウにとってなくてはならない存在だなと。僕とはちょっと違う種類の人間ですけど、理解できなかったことは何一つなかった。そこは、演じる上で大きかったような気がします。

――役と自然に向き合うことができたということですか?

撮影前に、山田監督と本読みをさせていただいたり、現代のテラシンを演じる小林稔侍さんと監督と食事をご一緒したりする機会があって。その時に、いろいろな言葉の断片をたくさん頂きました。

山田監督は脚本を書いていると想像がものすごく膨らんでいくということで、劇中のシーン以外でも「テラシンは前日にこんなことをしていたんじゃないか」「この場面の後は、きっと身動きが取れなくなっているんだよ」といった、監督のテラシンへの思いを聞きました。

好きな人としゃべる時は目を合わせることができない、まばたきが多くなってどもったりするかもしれないという詳しいディテールを撮影前に共有できたことはとてもありがたかったですね。

――山田監督の言葉を吸収しながら役を膨らませていった感じなんですね。

撮影中も、1シーン、1シーンにおいてどんな動きをするのか、一緒に積み上げてくださったんです。だから、僕自身があれこれ考えるというよりは、監督の言葉を全部受け取って、現場でテラシンとして生きるということが大切な作業なのかなと思いました。

山田監督は、物語の舞台にもなっている昔の撮影所の雰囲気を知っている方。青春時代のすべてを注いできたわけですから、待ち時間や準備段階で聞いた監督のお話はすごく面白かったです。

――テラシンは映写技師。劇中では映写機に触れる場面も。

山田監督から、映写技師はその日上がったラッシュを毎回映写して、毎日新しい映画に触れているから、誰よりも映画を見ている人だという話を聞いて。リールを巻いて取り付けて映写するまでの一連の流れを大事にしているんだなっていうことが伝わってきました。

映写機に触れるシーンは、80歳ぐらいの映写技師の方に一連の動きを教えていただいて、3週間ぐらい練習しました

――山田監督の演出で印象に残っていることはありますか?

山田監督は、現場でも次々とアイデアが出てくるんです。テラシンがギターを弾くシーンもそうですけど、僕が一番びっくりしたのは食堂「ふな喜」でのシーンいつものようにゴウ、園子(北川景子)さん、淑子(永野芽郁)ちゃん、そしてテラシンがいるんです。その時に、テラシンが淑子ちゃんをいかに好きかっていうことをどうやって表現したらいいのかっていう話になって、きっと監督の頭の中でいろいろアイデアが浮かんできたんだと思うんです。

「このセリフを言ったら淑子ちゃんを見て」「この言葉でどもって」「そこでまばたきを多く」といった感じで、一つのシーンに7、8個ぐらいやることがあって。他の3人は「それ、全部できるの?」なんて言いながら笑っているんです。

僕も「あれ、2つ目は何でしたっけ」って、段々分からなくなってきちゃって(笑)。もう、これは監督の従順な操り人形になるしかないというか、なりたいと思ったし、監督の期待に応えたいなと。そういう気持ちになったのは、僕の少ない役者人生の中で初めてのことでした。全く新しい楽しみ方や演技の面白さを提示していただいたなと思います。

――ゴウとテラシンの関係については?

誰しもが一人は欲しい親友というのは、こういうことなのかなって。すごく思うのは、何かを生み出したり作ったりする人と、それに気付いてあげる人は同じぐらい大事な存在なんですよね。

才能を持っていても自分では気付かなかったり、平凡な人間だと思ってしまう人もいる。でも、そんな人を心から支えてあげる人は間違いなく必要。僕にとっては、RADWIMPSギター・桑原(彰)がそうですね。

学生の頃、桑原から「おまえの曲、すごいんだよ」って言われたけど、こんなの誰でもできると思って、自分は普通に大学に進学して就職するんだろうなと思っていたんです。でも、桑原は僕の曲で食っていくと言って、高校を辞めて。それだけ、僕の音楽の才能を認めてくれていたんですよね。

ゴウとテラシンの関係を見ていると、僕は桑原のことを思わざるを得ないし、すべての表現者には才能を気付いてあげる人、支えてくれる人が必要なんだなと強く感じました。

――ゴウ役の菅田さんとは、ドラマdele」(2018年テレビ朝日系)以来の共演ですね。

何も嫌な部分がないというか、とても健やかで過ごしやすい人。役者の仕事は待ち時間が長いんですけど、菅田くんも、淑子役の永野さんも沈黙が続いても気まずくなったりしないんです。2人といる時は穏やかないい時間を過ごすことができました。

――菅田さんとは映画の主題歌うたかた歌」でコラボを!

昨年の7月ぐらいに、こんな曲ができたからって、菅田くんにデモを送ったんです。別に菅田くんが歌うとかっていうのは関係なく、お礼の意味を込めてのことだったんですけど、すごく喜んでくれて。それから半年ぐらいたって、一緒に歌うことが決まったのでレコーディングをしました。

あの曲は二人で歌うことが一番の完成形。菅田くんはこの先もきっと歌を続けるだろうし、音楽人生を進んでいくのであれば、何かいいヒントだったり、気付きになるようなものになればいいなと思いました。

――野田さん自身が“音楽の神様”の存在を感じる瞬間はありますか?

山田監督を見ていてもそう思いますけど“神は細部に宿る”という言葉を本当に信じていて。ちょっとしたディテールだったりとか、「これ、本当に聴こえるの?」って言われるような音でも、そこには確実に必要だと信じて入れたりするという作業を何時間もかけてやったりするんです。

どんなに些細な音であっても、そこに必要だと思ってちゃんと置いてあげることで、その楽曲の世界をしっかりと根底から支えていて、それが彩りになるということは、きっと“音楽の神様”は存在するんだろうなと思っています。必要のない言葉や音は絶対にない。

山田監督も同じようなことを考えていらっしゃるんだなということを強く感じました。セリフや役者の動き、美術と照明も何一つ無駄なものなどない。そこに意味があるから存在するのであって、それの集合体が“映画の奇跡”なんじゃないかなと。山田監督は、それを信じている方なんだと思います。

◆取材・文=月山武桜

野田洋次郎がインタビューに応じた/ 撮影:永田正雄