生え抜きエースだったリオネル・メッシが電撃退団したバルセロナ

ラ・リーガでは各チームにサラリーキャップが定められており、バルサは大幅な給与削減をしない限り、新たな選手登録ができない。

『AS』によれば、このままだとメンフィス・デパイやエリックガルシアらはレアルソシエダとの開幕戦でプレーできないという。

開幕戦のメンバー8月13日までに登録する必要がある。だが、バルサは給与比率は許容範囲の73パーセントを大幅に超える95パーセントに達しており、あと3日で2割ほどカットしなければいけない。

【動画】グリーズマンのおかげ!デパイ、バルサでの初ゴールシーン

現時点でバルサは新加入選手をひとりも登録できていないが、最終的な締め切りは8月31日とまだ若干の猶予はある。それまでに選手を放出したり、給与削減で合意する必要があるが…。

メッシ放出でも…バルセロナ、デパイら登録不可で開幕戦欠場か