俳優の藤原竜也松山ケンイチダブル主演する映画『ノイズ』の公開日が2022年1月28日に決定。併せて、特報映像とティザービジュアル、さらにサイコキラー役で渡辺大知が出演することが解禁された。

【動画】『ノイズ』特報

 筒井哲也の漫画『ノイズ【noise】』を映画化する本作は、絶海の孤島に入り込んだサイコキラーの死体を巡り繰り広げられるサスペンスエンターテインメント

 絶海にぽつりと浮かぶ孤島・猪狩島。過疎化に苦しむ島だったが、島の青年・泉圭太(藤原)が生産を始めた黒イチジクが高く評価され、島には地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、島民たちには希望の兆しが見えていた。そんな平和な日常がある男の登場によって一変する。男の名は小御坂睦雄。圭太と彼の幼なじみの猟師・田辺純(松山)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)の3人は小御坂の不審な言動に違和感を覚え、追い詰めていくが、その日の夕方、圭太の娘の失踪を機に、過って小御坂を殺してしまう。

 島と家族の未来を守るため、3人はこの殺人を隠すことを決意。しかし、小御坂の足取りを追って県警が大挙して押し寄せ、静かな島は騒然とする。なんと小御坂は元受刑者のサイコキラーだったのだ…。

 渡辺はサイコキラー・小御坂睦雄役を演じる。小御坂は、かつてストーカー殺人を犯した元受刑者。ある日突然猪狩島を訪れ、不穏な空気を漂わせながら圭太、純、真一郎の周りに静かに現れて圭太の娘に音もなく忍び寄っていく難しい役どころだ。

 渡辺は自身の役柄を「(藤原や松山ら)登場人物たちの平穏な生活を揺さぶる、まさに『ノイズ』のような存在」と説明。同時に「そんな『ノイズ』の僕を、現場のスタッフキャストの方々はとても温かく迎え入れてくれました。素敵な縁をいただき、感謝しています」と語った。

 特報映像は、不気味な猪狩島の全貌から始まるが、冒頭でいきなり圭太が人を殺してしまうシーンが。「島も、俺も、終わりだよ」と苦悩する圭太に真一郎が言う。「全部、なかったことにしましょう」。3人は死体を隠すことを決意。対照的に、島の復活に喜びの声を上げる島民の姿が交互に映し出されており、島の未来を背負う圭太たちに重くのしかかるプレッシャーも…。さらにはこの殺人をきっかけにのどかだった猪狩島が一変。迫りくる県警、不穏な動きを見せる保守的な島民たち。果たして、3人の運命は?

 ティザービジュアルには、周囲をうかがうような鋭い視線を向ける圭太、純の姿、そして真一郎の背後には殺害されたサイコキラーの姿も見られる。「殺した、埋めた、バレたら終わり。」のコピーと、そのソリッドな質感が相まって、この3人が殺人を隠しきることができるのか、緊迫感漂うビジュアルとなっている。

 映画『ノイズ』は2022年1月28日より全国公開。

映画『ノイズ』ティザービジュアル (C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会