内田理央が主演を務めるドラマParavi「来世ではちゃんとします2」(毎週水曜夜0:40-1:10、テレビ東京系)が8月11日りスタートする。同作は、2020年に放送された「来世ではちゃんとします」(テレビ東京ほか)の続編。5人のセフレがいる性依存系女子・桃江(内田)など、恋愛観をこじらせた男女の生態を赤裸々に描くエロラブコメディー。今作では、それぞれのキャラクターのよりディープなこじらせっぷりが描かれる。今回、WEBテレビジョンでは主演の内田にインタビューを実施。前作の反響の他、来世でやり直したいことなどについて聞いた。

【写真を見る】白ラインが印象的なブラックシャツ×ロングスカートを着こなす内田理央

シーズン1では“来世ちゃん現象”が起きた?

――シーズン2が決まった時の感想をお聞かせください。

原作も続いているし、内容的にシーズン2もできるなと思っていました。でも、まさか、こんなにすぐに2が作れると思っていなかったので、すごくうれしかったです。

――シーズン1の反響は大きかったのでしょうか。

すごく反響が大きいです。テレビで放送していた時はあまり実感がなかったのですが、“来世ちゃん現象”といわれるくらいParaviさんの加入者数が増加したそうです(笑)。そういううれしい反響もいただきました。また、サブスクサービスで自粛中に見てくださった方が多く、今でもうれしい感想をたくさんいただきます。

――うれしい反響とは具体的にどのようなものでしょうか?

制作にあたって、過激な部分があるので男性目線になりがちだと思っていたのですが、見てくださっているのは20~30代の女性が多いとお聞きして、見てほしいと思っていた方々に届いているなと感じました。

私は、桃ちゃんぶりっ子過ぎないけど少し抜けていて、パーソナルスペースが緩い部分を繊細に作っていました。声のトーンだったり、歩き方を特に気を付けていたので、そういう細かいところが伝わっていると聞くとうれしいです。

――この作品を通して、伝えたいことをお聞かせください。

来世ちゃんに出てくるキャラクターは個性的で、それぞれ悩みや“癖(へき)”があるのですが、それを否定しない世界観です。人それぞれいろんなことがあるけれど、最後には「来世ではちゃんとしよう」と前向きになれるところが、この作品のすてきなところだと思います。なので、見ている皆さんも最後には「こんな人たちもいるし、まぁいいか」と前向きになっていただければうれしいです。

――現場に入るときは緊張しましたか?

すごく緊張しました。なぜかと言うと、シーズン1の時に私が役を繊細に作っていたので、声のトーンや話し方、語尾などがうまくチューニングできなくて。何度も何度もシーズン1を見返して、同じようにするのが大変でした。

――演じるうえで心掛けていたことをお聞かせください。

絶対的に気を付けようと思っていたことは、女の子が見ても下品に思わないようにすることでした。内容に過激な部分もあるのですが、女の子にも見てほしいと思って、監督と祖父江(里奈)プロデューサーに相談しました。

――では、どちらかというと女性目線で演出されているんですね。

原作をすごく大事にしています。主人公の桃江はセフレが5人いるので過激な女の子に見えがちですが、すごく優しくて、見ている人が嫌な思いをしない、愛されるキャラクターだったので、そこは大事に演じています。

――第1話で桃江が婚活をするシーンがありましたが、内田さんご自身が婚活するとしたら、こだわりたい部分はどんなところですか?

実は、ドラマで初めて婚活を体験しました。すごく難しいなと思って…。何かを妥協しなきゃいけなくて、すべてが自分の理想にかなう人とは出会えないんだなと撮影しながら感じました。自分だったら、ギャンブルをしない人かな(笑)。あとは、家事がまめな方がいいです。私も家事が苦手な方なので、一緒にやってくれるとうれしいですね(笑)

――ドラマタイトルにかけまして、来世でやり直したいことをお聞かせください。

来世では、丁寧な暮らしができる人になりたいです。朝起きて、コーヒーをコポコポいれるところから始まり、窓を開け、日に当たり、ジャズを掛ける。そんな暮らしができる人間に、来世ではなりたいです(笑)

――最後に、シーズン2の見どころを教えてください。

来世ちゃんは、ほっこりエロラブコメディーだと思っています。シーズン2では、シーズン1に引き続きほっこりする部分もあります。でも、前回よりも切なさが多くなっています。

内容としては、セフレの誰かと深い関係になってしまったり、松田(小関裕太)、Aくん(塩野瑛久)、桃ちゃん三角関係が見どころになってきます。シーズン1よりも切なさとラブ強めだと思うので楽しみにしていただきたいです。

ドラマParavi「来世ではちゃんとします2」で主演を務める内田理央/(C)テレビ東京