SDKI Inc.は、「Webリアルタイム通信(RTC)市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年08月10日に発刊しました。この調査には、WebRTC市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108370
WebRTC市場は、2022年に64.9億米ドルの市場価値から、2030年までに841.4億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に44.2%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/web-real-time-communication-market/108370

WebRTC市場の成長は、主に通信のWeb化、安全で堅牢な通信の需要、および顧客関係の改善を必要とする企業に起因しています。WebRTCテクノロジーの費用効果の高いメリット、および企業間でのWebRTCテクノロジーの採用の増加も、グローバルなWebリアルタイム通信市場の成長に貢献しています。さらに、発展途上国でのICT支出の増加、特にアジア太平洋地域でのスマートフォンの使用の増加、インターネット接続の成長、およびアジア太平洋地域とアフリカでの必要なインターネットインフラストラクチャの開発が市場の成長を後押しすると予想されます。

しかし、普遍的な標準の欠如、およびセキュリティとプライバシーの懸念の高まりは、Webリアルタイム通信市場の成長を制限する可能性があります。

市場セグメント


WebRTC市場は、製品タイプ別(ソリューション(音声通話・会議、メッセージング・ファイル共有、ビデオ通話・会議、その他)、サービス(実装と統合、コンサルティング、その他))、業種別(IT・テレコム、メディアエンターテインメント、BFSI、小売・消費財、公共部門・教育、ヘルスケア、運輸・ロジスティクス、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

製品タイプに基づいて、サービスセグメントは、予測期間中に最も急成長している市場になると予想されます。

サービスセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。サービスプロバイダーは、あらゆる企業の効率的な運用と保守のためのインテリジェントな通信ソリューションの実装を支援します。WebRTCサービスを採用する利点には、組織のパフォーマンスの向上、複雑さの軽減、運用コストの削減などがあります。これは、予測期間中にこのセグメントの成長を促進すると予想されます。

ヘルスケアセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。

業種に基づいて、ヘルスケアセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。医師、医療従事者、および患者は、リアルタイムの医療情報にアクセスするため、および世界中の医師にリモートで相談して専門家の診断を利用するために、遠隔医療にますます依存しています。ヘルスケセクターでは、患者が病院を訪れる必要をなくすために、オンラインヘルスケアスペシャリストによる予約と検査のスケジュールを可能にし、容易にするWebRTCソリューションに対する大きな需要があります。

地域概要

WebRTC市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパドイツフランスイタリアスペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インドオーストラリアシンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。アジア太平洋地域の市場は、高いインターネット接続、モバイルワーカーの拡大、モバイルデバイスの採用の増加という点で、最も急速に成長している市場の1つです。さらに、この地域で、過去数年間にWebベースビデオおよびオーディオ通信の需要が大幅に増加しています。アジア太平洋諸国の大企業および中小企業は、WebRTCソリューションの重要性を認識し始めています。また、これらの企業は、手頃な価格のリアルタイム通信を促進し、顧客の要件に効率的に対応するために、専用のWebRTCソリューションの展開に焦点を当てています。

市場の主要なキープレーヤー

WebRTC市場の主要なキープレーヤーには、TokBox、Inc.(米国)、Apidazeフランス)、AT&T(米国)、Avaya、Inc。(米国)、Cisco Systems、Inc.(米国)、GENBAND Inc.(米国)、Dialogic、Inc.(米国)、 Polycom、Inc.(米国)、Oracle(米国)、Twilio、Inc。(米国)、Quobis(スペイン)、Cafex Communications、Inc.(米国)などがあります。この調査には、WebRTC市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108370

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオ明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

配信元企業:SDKI Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ