日本におけるチャレンジャーバンクを目指すナッジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:沖田 貴史、以下「ナッジ」)は、「Spiral Capital」「Headline Asia」を共同リード投資家として、既存投資家である「ジェネシアベンチャーズ」等を引受先とする第三者割当増資を実施致しますので、お知らせ致します。

本年2月に発表した第三者割当増資と合わせて、累計調達額は10億円を超え、2021年夏を予定しているサービスの提供開始に向けて、必要な体制を整備・強化して参ります。

また、本資金調達については、2021年秋頃の最終クローズに向けて、国内外の投資家や事業提携先との協議を継続してまいります。

■資金調達の背景と目的
ナッジは、2020年2月の設立以来、未来の金融体験を創るべくチームを増強し、第一弾となる次世代型クレジットカード決済サービス「Nudge」の開発 及び 金融機関として必要となる各種事業者登録の準備を進めております。

今年夏の一般向けサービス開始を見据え、関係者向けのクローズベータサービスを開始するとともに、さらなる体制の強化を図るため、追加での資金調達を実施いたします。

調達した資金をもとに、サービス運用体制とともに、顧客ニーズに合わせた機動的な機能増強・サービス開発や人員採用に継続的に取り組んで参ります。
また、社外取締役を2名増員し、金融機関に相応しいガバナンスの強化にも取り組んで参る方針です。

■未来の金融機関
ナッジでは、未来の金融体験を創るために、新たな価値観と行動様式をもつ金融機関のあり方についても挑戦しています。『Nudgeの哲学』を定め、free, fair, flatを前提とした自律分散型のチームを志向しています。

既に株主となっている提携先各社とのオープンイノベーションに加え、今般新たに株主となる各社とも、共同でサービス強化を進め「ひとりひとりのアクションで、未来の金融体験を創る」というミッションの実現を近づけていきます。

■各社からのコメント
出資各社から、以下のコメントをいただいております。

Spiral Capital
Partner 千葉 貴史様
Associate 植木 修造様

沖田さんとはナッジ設立前より事業の議論をさせて頂いていたご縁もあり、今回、共同リード投資家としてご一緒できることになり大変嬉しく思っております。クレジットカードを始めとする金融サービスはあらゆる人が必要とする生活インフラでありながら、未だ顧客体験はレガシーのままであり、革新の余地は非常に大きいと感じています。Fintechのパイオニアでありシリアルアントレプレナーである沖田さんであれば、「未来の金融体験を創る」「日本版チャレンジャーバンクを創る」という壮大なビジョンを実現してくれるものと確信しております。このナッジの大きな挑戦を、Spiralとしても全力でサポートしていきたいと思います。

Headline Asia
Partner 田中 章雄様
Investor 林 政泰様

「金融xファンエコノミー」という事業の方向性にとても共感しています。今までの金融サービスは、堅苦しく合理性を突きつめることが多いのですが、沖田さんはユーザーに「面白い」と感じてもらえるサービスを創り出せると信じ、今回共同リード投資家として出資させていただくことを決めました。「未来の金融体験を創る」をミッションとするナッジ社の挑戦に伴走したいと思います。

ジェネシア・ベンチャーズ
General Partner 鈴木 隆宏様
Investment Manager 相良 俊輔様

初回のシードラウンドに続いて、追加出資をさせていただきました。ナッジが目指す相当に長大なビジョンに照らすと、現在地はまだまだスタートラインに立って一歩目を踏み出したばかりというところではありますが、我々のチャレンジは、金融サービスにおける消費者接点のデジタル化が不可逆性を伴って進展し、消費者が製品やサービスを選択する基準や背景の価値観も多様化、分散化していくという大きな時代の方向性を真芯から捉えたものであり、まだ見ぬ実績を当事者として共に創っていく気概で、引き続きチーム一丸となって伴走支援をしていきたいと思っています。Go ナッジ!

<ナッジ株式会社について>
ナッジ株式会社は「ひとりひとりのアクションで、未来の金融体験を創る」をミッションとし、日本におけるフィナンシャルインクルージョン(金融包摂)をチャレンジャーバンク事業を通じて、実現していくことを目指しております。

会社名:ナッジ株式会社
設立日:2020年2月12日
代表者:代表取締役社長 沖田 貴史
所在地:東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階 FINOLAB
URLhttps://www.nudge.works/

■代表者略歴
一橋大学商学部経営学科在学中に、米国CyberCash社の日本法人であるサイバーキャッシュ株式会社(後のベリトランス 、現DGフィナンシャルテクノロジー)の立ち上げに参加し2004年に株式上場。2015年まで代表取締役CEO。
2012年デジタルガレージ傘下としてecontext ASIA社を共同創業し、翌2013年香港証券取引所に上場。 2016年に、SBI Ripple Asia株式会社代表取締役に就任し、ブロックチェーン技術の日本・アジアでの実用化に貢献。
その間、米国Ripple社、インドネシアtokopedia社などのユニコーン企業の役員も歴任。 主な公職に、金融審議会専門委員、SBI大学院大学経営管理研究科教授、一般社団法人Fintech協会 代表理事会長(現任)など
日経ビジネス 2014年日本の主役100人に選出。

■本件の問い合わせ先
ナッジ株式会社 広報担当
pr@nudge.works

配信元企業:ナッジ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ