ダッシュボード目玉焼きが作れるのではないかというほど暑くなった車内、早く冷やしたいものです。エンジン始動後すぐに内気循環でエアコンフル稼働、としたいところですが、果たして効率的なのでしょうか。

シートもダッシュボードもハンドルもアッチッチ!

炎天下で駐車し、サウナ状態になった車内を早く冷やす効率的な方法はあるのでしょうか。

これには、JAF(日本自動車連盟)が行ったあるテストヒントを与えてくれるかもしれません。同じクルマを5台使い、車内温度が55度になってから、5人のモニターが以下に示す5通りの方法でそれぞれ温度を下げるテストをし、その結果を測定したものです。

(1)窓を開けずにエアコン(内気循環)使用。
(2)窓を全開+エアコン(外気導入)2分使用→窓を閉めエアコン(内気循環)3分使用。
(3)窓を開けずエアコン(外気導入)使用。
(4)エアコンを使わず、助手席の窓だけを開け、運転席のドアを5回開閉。
(5)エアコンを使わず、冷却スプレーシートに10秒ほど吹きかけ。

結果、最も早く温度が下がったのは(2)で、5分後に28.0度になりました。(1)窓開けせずにエアコン内気循環は、10分後に27.5度、(3)窓を開けずエアコン外気導入は、10分後に29.5度という結果に。エアコンを使わない(4)(5)の方法は、大して温度も下がりませんでした。

乗車前、あるいは乗車後にエアコンを使うにしてもまず「窓を開けて換気する方がいい」というのは、複数のカーエアコンメーカーから聞かれました。車内の熱気を早く外へ逃がすためです。できるなら窓全開、雨などの場合は少し開けるだけでも効果はあるとのこと。

ただ窓を開けて走る場合、あるカーエアコンメーカーによると「換気の効果があるのはせいぜい1分」。その後は窓を閉め、内気循環モード・風量最大・温度最低でエアコンガンガンに効かせた方がよいといいます。

また、外気導入モードでの換気は、走行中はよいものの、停止中は「取り込む空気がボディーやエンジンルームの熱に影響されるため、窓を開けるよりも効果は小さい」(別のカーエアコンメーカー)との意見も。いずれにしても、車内温度が外気温くらいまで下がってきたら、速やかに窓を閉めた方がよいとのことでした。

写真はイメージ(画像:写真AC)。