株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、ワッツセミナーVol.110「米国のサプライチェーン政策~米国は何に投資するのか?~」を8月25日オンラインライブ配信いたします。
進む米中対立において、米国は自らも中国と「新しい戦争」を継続できる体質に改造しようとしています。本セミナーでは、合同会社日本輸出管理研究所 代表 高野 順一氏をお迎えし、バイデン政権の通商政策とその背後の戦略を概観し、米国の方向性の全体感をイメージし、今後、米国はどのような産業分野に、幾らくらいの資金を注ぎ込もうとしているかについて、ご説明を頂きます。
ご興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

【セミナー概要】
14:30~15:15「米国のサプライチェーン政策~米国は何に投資するのか?~」
1.バイデン 政権の政策方向
2.CNAS(Center for a New American Security)の政策提言
3.EO14017の解説と100days review(政策提言)
4.米国・イノベーション競争法案の概要
5.その他(日米競争力・強靱性コアパートナーシップ共同宣言他)
15:15~15:30 質疑応答

合同会社日本輸出管理研究所
代表
高野 順一氏

【開催要綱】
◆開催日時:2021年8月25日(水)14:30~15:30
◆会場:オンラインライブ配信
◆受講料:5,500円(税込)
◆参加方法:ライブ配信は、株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Deliveru」(https://deliveru.jp/)を利用します。
お申込み受付後、参加者IDを開催日前日にご連絡いたします。
◆主催:株式会社矢野経済研究所
※申込締切:2021年8月24日(火)17時

⇒各セミナーの詳細内容・お申込みは、セミナー毎に下記からご覧ください。
https://www.yano.co.jp/seminar/whats/2021/0825_2.html

⇒その他お問い合わせは、こちらまでお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所
カスタマーセンター
TEL:03-5371-6901

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/



配信元企業:株式会社矢野経済研究所

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ