ハイクラス学生をメインターゲットとして就活支援を行う株式会社ウィビッド(本社:東京都渋谷区 代表取締役:相川絢 以下、ウィビッド)は、全国の2023年卒業予定(以下、23卒)の大学生大学院生を対象に、夏休み就職活動の過ごし方をテーマとした調査を実施したことをお知らせします。本調査は、コロナ禍における大学3年生または大学院1年生時の”夏休み就職活動”の過ごし方を把握することで、同世代や次世代の就活生の過ごし方へ活かすことを目的としています。
※ハイクラス学生とは、難関大学に通う学生を指しています。

  • 調査結果まとめ
・全体の62%が、夏休みは”就職活動”に一番時間を費やそうと考えていると回答
就職活動において現在意識していることや、夏休みに取り組もうとしていることは、”自分に興味関心がある職業・業界を知ること”が半分以上の回答に
・現在、就職活動において一番不安なことは”自分に合った就職先を見つけることができるのか”どうかとの回答割合が一番高く、”コロナによって求人が少なくなっていることへの不安”との回答は、全体の4%に留まった。
  • 調査結果詳細
■就活生の”夏休みの過ごし方”について
・全体の62%が、夏休みは”就職活動”に一番時間を費やそうと考えていると回答(表1参照)
・全体の65%が、夏休み就職活動は”自分に興味関心がある職業・業界を知ること”に一番時間を割こうと考えていると回答。(表2参照)本結果は、前回の22卒向け調査でも同じ結果となった。(URL)
(表1)
(表2)

・また、就職活動において現在意識していることや、これから意識しようとしていることも同様、”自分に興味関心がある職業・業界を知ること”がどちらも半分以上の回答となった。(表3、表4参照)
(表3)
(表4)

就職活動において現在不安なことについて
・全体の52%が、就職活動において不安なことは、”自分に合った就職先を見つけることができるのか”と回答(表5参照)
・一方”コロナによって求人が少なくなっていることへの不安”との回答は、全体の4%に留まった。(表5参照)
(表5)

  • 調査結果概要
22卒の結果では、夏休み就職活動で必要だと感じていたことは「就職活動とは何かを知ること」という回答割合が47%で多かったにも関わらず、23卒の結果では「自分に興味関心のある職業・業界を知ること」との回答が65%と異なる結果となった。このことから、23卒のハイクラス学生は、就職活動イメージはある程度出来ているが、自分に合う職業・業界が分からないと課題に感じている学生が多いことが分かった。
また、就職活動においては現在不安なことについては、新型コロナウイルスの影響による求人の減少よりも、自分に合った就職先が見つかるかどうか、内定をもらえるかどうかなど、従来より就職生が不安に感じる内容であることが分かった。
今後、就活生が自身に合った職業・業界を知るためには、様々な企業の情報を獲得することが肝になる。そのため、新型コロナウイルス感染対策により交流が減っている中で、情報をどのように獲得していくのか、就活生の動きが試されている。
  • 調査概要
調査期間 :2021年7月10日(土)~7月21日(水)
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :ハイクラス学生
調査地域 :全国
アンケート有効回答者数:107名(2022年卒業予定学生59名、2023卒学生予定学生48名)


株式会社ウィビッドについて
ウィビッドは「私が " 最高の私 " で、いられる世界を。」とのミッションのもと、新卒採用コンサルティング、新卒人材紹介、ハイクラスな学生に向けたキャリア支援をおこなっている会社です。毎年、3000名もの学生へのキャリア支援の実績があり、そのうち75%が旧帝大早慶以上、99%がMARCH・APU・関関同立の学生に利用いただいています。

■会社概要
会社名 :株式会社ウィビッド(英文名 Wivid Inc.)
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西 1丁目33-6 JP noie 恵比寿西210
代表者 :代表取締役 相川 絢
事業概要:新卒採用コンサルティング、新卒人材紹介、ハイクラスな学生に向けたキャリア支援
HPサイト:https://wivid.co.jp
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西 1丁目33-6 JP noie 恵比寿西210

【本件及びウィビッドに関する問い合わせはこちら】
株式会社ウィビッド 担当:大槻
電話:090-4991-9443
メールアドレス:shuya_otsuki@wivid.co.jp

配信元企業:株式会社ウィビッド

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ