AvePoint Japan株式会社東京都港区、代表取締役:塩光 献、以下、AvePoint Japan)とGMOグローバルサイン株式会社(東京都渋谷区、専務取締役:武信 浩史、以下、GMOグローバルサイン)と株式会社クオリティア(東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下、クオリティア)とテクバン株式会社東京都港区、代表取締役:高松 睦夫※、以下テクバン)は、「Microsoft 365 スタートアップ企業様へ送る利活用促進セミナー! 利活用における運用課題を解決するベストラクティスを大公開!!」を開催いたします。

■セミナーの概要
新型コロナウイルスの影響を受けて、「今後の働き方」について考える新たなきっかけになったお客様も多いかと思います。 「今後の働き方」に向けて、Microsoft社が提供しているMicrosoft 365 の利用およびサービス移行をご検討されているお客様から日々ご要望をいただくことが多くなってまいりました
本セミナーでは、これからMicrosoft 365 を利用したい、また現在利用をし始めたばかりという「Microsoft 365 スタートアップ企業様」に向けて、今後直面しやすい運用課題を解決するベストラクティスを、Microsoft 365 と非常に親和性の高いサービスと組み合わせてご紹介させていただきます

■セミナーの内容
AvePoint Cloud Backup で実現する Microsoft Teams のデータ保護
COVID-19 の影響で、多くの企業が在宅ワークを推奨しており、それに伴うリモートワークの環境構築が急務となりました。
Microsoft 365 / Teams を取り急ぎ導入したものの、もしもデータが突如紛失されてしまった時の対応ができていないお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。
AvePoint Japanが提供する Cloud Backup は、Microsoft 365 資産を包括的にバックアップできるだけでなく、必要な分だけのデータを必要なタイミングで、必要な場所に復旧ができます。Microsoft Teams のデータ保護についてご紹介させていただきます

Microsoft 365を導入後、次に考えるべきメールセキュリティ対策とは?
Microsoft 365を導入し、その次のステップに企業として担保しなければならないセキュリティをお考えの企業様は多くいらっしゃるかと思います。
セッションでは、テレワークでもメール運用効率を下げることなくセキュリティ強度を上げる誤送信防止システムActive! gate SS」をご紹介いたします。

シングルサインオンで覚えるパスワードを一つにし、業務効率とセキュリティを向上する
企業ニーズに合わせ働く環境が変化する中、業務効率を損なわずにセキュリティを強化するゼロトラスト時代のIDaaSとしてトラストログインをご紹介します。
自宅や外出先からのテレワークを許可させたいが、VPNがボトルネックになっているお客様や、Microsoft 365を含む複数のクラウドサービスの認証強化とアクセス制限を行いたいお客様、社内のActive DirectoryやAzure ADとクラウドサービスを連携して利便性を高めたいお客様にお勧めです。

Microsoft 365 利活用促進をしていくために
Microsoft社の認定パートナーであるテクバンが、Microsoft 365を導入するにあたり、大切なポイント、注意点についてご紹介させていただきます

◇開催日程:2021年8月25日(水)15:0016:20
◇定員:500
◇参加費用:無料
◇申し込み先:https://www.techvan.co.jp/event/825webmicrosoft_365/
※本セミナーはWebセミナー形式で開催いたします。

■企業情報
AvePoint Japan株式会社
URLhttps://www.avepoint.com/jp

GMOグローバルサイン株式会社
URLhttps://jp.globalsign.com/

株式会社クオリティ
URLhttps://www.qualitia.co.jp/

テクバン株式会社
本社所在地:〒108-0022
東京都港区海岸3-20-20 ヨコソーレインボータワー4階
設立:1996年2月29日
代表者:代表取締役 高松 睦夫※
資本金:100百万円
事業内容:業務システム開発
ITインフラネットワーク構築
マネージドサービス
ソフトウェア品質サービス
URLhttps://www.techvan.co.jp/

■お問い合わせ先
https://www.techvan.co.jp/contact/

※高松の「高」は梯子高

配信元企業:テクバン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ