第14回田辺・弁慶映画祭で観客賞を受賞した『マイライフ、ママライフ』が、田辺・弁慶映画祭セレクション2021内で9月14日よりテアトル新宿ほかにて上映が決定!予告編メインビジュアルコメントが到着した。

メインビジュアル
尾花貴絵演じるキャリア女性の大内綾は、新規イベント事業のリサーチのため、鉢嶺杏奈演じる2児の母・三島沙織のもとへ「家族留学」をする。妊娠・出産に勇気がもてない綾は、働きながら子どもを育てる沙織の心情をうまく理解できず、傷つけてしまう。W主演となる鉢嶺・尾花のふたりは、同世代の仕事・出産・子育てで悩む女性たちのリアルな声を聞いたりと、ひとりで悩みを抱え込んでしまうワーキングマザー、妊娠に前向きになれない仕事熱心な女性を熱演した。
場面写真1
予告編では、沙織が夫・博貴(池田良)へ悲鳴のような怒りを爆発させるシーンや、「仕事を辞めたくない…」と涙ながらに綾へ告白する会社の後輩・結衣(柳英里紗)の姿、綾の夫・健太郎(水野勝)が「子どもが欲しい」と綾を説得する様子が映し出される。
本作で描かれる、現代女性がもつ<生き方>の悩みは、メインビジュアルコピーにもある言葉通り、彼女たちだけの問題ではない。そのリアルな表現に、昨年の田辺・弁慶映画祭では観客賞を受賞。「共感できる気持ち、知ってほしい現実がぎゅっと詰まっている作品」「夫よ、自分は違うと思ったら大間違いだぞ」といった感想がSNSなどでアップされている。
場面写真2

この度の上映にあたり、主演の鉢嶺杏奈、尾花貴絵、亀山睦実監督からコメントが到着。先日、第一子の妊娠を発表した鉢嶺からは「悩んでも前へ前へ進むのは、女性の強さ」、尾花からは「きっと誰しも共感できる部分がある」と力強い言葉に、作品への期待が高まる。


コメント
私たち女性は、働いている時、結婚した時、そして子どもを持った時、いくつもの決断を迫られます。
その答えは、正解か不正解なんて誰にも分からない。
悩んでも前へ前へ進むのは、女性の強さなのではないでしょうか?

この映画は、そんな女性の背中を押せるような、
男性の心をハッとさせるような、
そんな作品だと感じてます。

ぜひ、ご夫婦でカップルもちろんお一人様でも!劇場に見にきて頂けたら嬉しいです。
ーー鉢嶺 杏奈



風の時代に入り、新しい価値観がどんどん生まれている今。
私自身、この作品を通して“生き方について”色々考えさせられました。
性別・年齢関係なく、きっと誰しも共感できる部分があるのではないかと思います。少しでも生きる活力になれるような、そして多くの方の心に響く作品になっていたら嬉しいです。この機会に映画館で是非!
ーー尾花貴絵


私と同世代の女性たちの「本心」をじっくり詰め込んだ今作。
皆様から観客賞をいただけたのはまさに制作者冥利に尽き、大変感謝申し上げます。
主人公たちが抱える悩みは「彼女たちだけの悩み」なのか。映画館の大きなスクリーン・音響でご覧いただくと、より響くものがあると思います。この機会に是非ご鑑賞ください。
ーー亀山睦実(監督)
=================
9月14日(火)、9月16日(木)にテアトル新宿、9月29日(水)にシネ・リーブル梅田にて上映!
※テアトル新宿は連日21:00より上映※

劇場にて前売券発売中!

=================

■『マイライフ、ママライフ』HP
■公式SNS
=================
【鉢嶺杏奈(はちみね・あんな) プロフィール
1989年7月19日平成元年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。
ドラマや映画、舞台など女優としてとして活躍中。
主な作品は「危険な扉」(EX)・「仮面ライダー龍騎」(EX)・「ティーンコート」(NTV)・「鴨川食堂」(NHK BSプレミアム)・「銀と金」(TX)・「緊急取調室3rd SEASON」(EX) 他
またTBS日立 世界ふしぎ発見!」ではミステリーハンターとして出演中。最近では「陸海空 こんなところでヤバいバル」(EX)や「ヤバい話のHow Much?」(EX)などバラエティー番組でも活躍している。

【尾花貴絵(おばな・きえ) プロフィール
モデルとしてデビュー。その後、2011年第36代旭化成グループキャンぺーンモデルを務め、2012年にはモデルガールズとして活動開始。
現在は、「日立 世界ふしぎ発見!ミステリーハンター、「news every.」特集リポーターとしても活躍。
多岐に渡り活動の場を広げ、ドラマ、映画をはじめ、特技のバレエを活かしたTHE SUPER LIVE美少女戦士 セーラームーンセーラージュピター木野まこと役としてパリ公演にも出演。

【監督:亀山睦実(かめやま・むつみ)プロフィール
映画監督、映像ディレクター1989年生まれ、東京都葛飾区出身。
日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業後、2016年クリエイティブチーム・ノアドに入社。映画、SNSドラマ、広告、テレビ2.5次元舞台のマッピング映像演出など、幅広いメディアでの企画・演出・脚本等を担当する。
主な映画・ドラマ作品は『ゆきおんなの夏』、『追いかけてキス』、『マイライフ、ママライフ』、『12ヶ月のカイ』など。


制作:Kigumi
(C)2021 Kigumi Ltd., All rights reserved.

配信元企業:Kigumi株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ