株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(代表取締役:田島 聡一、本社:東京都港区)は、同社が運用するGenesia Venture Fund 2号(以下、GV-2)より、日本におけるチャレンジャーバンクを目指すナッジ株式会社(代表取締役:沖田 貴史、本社:東京都千代田区)に追加出資したことをお知らせいたします。
同ラウンドの出資者は、Spiral Capital(代表者:奥野 友和、本社:東京都港区)、Headline Asia(旧Infinity Ventures)です。

【ナッジ株式会社について】
ナッジ株式会社(以下:ナッジ)は、 「ひとりひとりのアクションで、未来の金融体験を創る」をミッションとし、日本におけるフィナンシャルインクルージョン(金融包摂)の課題を解決するとともに、embedded finance(組み込み金融)を推し進めることで社会の更なるキャッシュレス化を目指しています。
そうした未来の金融体験を創るために、新たな価値観と行動様式をもつ金融機関のあり方についても挑戦しており、『Nudgeの哲学』を定め、free, fair, flatを前提とした自律分散型のチームを志向しています。
▼Nudgeの哲学:https://www.notion.so/Nudge-06f1c211217a4e2e985c7579a46abc87


【次世代型クレジットカード『Nudge』について】
ナッジは、第一弾のサービスとして、関係当局への事業者登録を前提に、今夏から次世代型クレジットカード『Nudge(ナッジ|以下:Nudge)』の発行を開始いたします。Nudgeは、クレジットカードの使いやすさを進化させるとともに、利用者と提携先(スポーツチームアーティスト等)双方に新たな金融体験を提供するサービスです。

▼『Nudge』の特徴
1.スマホ連動で使いやすく、安心・安全なクレジットカード
Nudgeの申込みやカード発行手続き・各種問い合わせは、スマホアプリ(対応端末:iOSAndroid)で完結します。利用状況もアプリリアルタイムで管理することができ、不正利用や使い過ぎを防止します。無料で発行できるカードデザインは3種類。縦型のシンプルデザインで、カード番号や氏名を裏面に集約しました。

クレジットカードなので、事前入金は不要
Nudgeはプリペイドカードとは異なり事前の入金は不要。都度チャージの手間や、利用時の残高確認・使い残しの心配もありません。また、利用金額の返済は月に一度の口座引き落としではなく、好きなタイミングセブン銀行ATM(全国25,000台以上)から実施可能であり、引き落とし日の口座残高を心配する必要がありません。最短で決済の翌日から返済が可能であり、クレジットカードの利用が不安な方にも安心してご利用いただけます。月の途中で利用枠が足りなくなっても、返済後即時に利用枠が回復いたします。

■「Visaタッチ決済」にも対応
全てのカードにIC機能が備わっており、世界中のVisa加盟店で安心して利用が可能です。日本を含む世界200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法である「Visaタッチ決済」にも対応しています。対応リーダーにかざすだけですぐに決済が完了。暗証番号の入力やサインの必要がなく*、スピーディかつ安心・安全にお支払が完了するため、少額決済や急ぎの場合でも気兼ねなくご利用いただけます。(*一定金額を超えるお支払は、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります)

2. クラブ機能で、“好き”を応援
Nudgeと提携する企業や団体が開設する「クラブ」を選択いただくことで、好きなチームアーティストクリエーターへの応援が可能です。カフェコンビニスーパーなど日常的な決済においても、支払い方法をNudgeカードに変えるだけで、自動的に応援がなされます。

■embedded financeによる新たな金融体験
Nudgeの提携先は、初期費用や月次固定費の負担がなく、一枚からでも提携クレジットカードの作成が可能です。入会特典だけでなく累計の利用額に応じてクラブ特典を提供することで、ファンとの新たなエンゲージメントや金融体験を生み出すことができ、収益の多様化とともにファンマーケティングの可能性を広げることが可能となります。

■独自審査機能によるインクルーシブなサービス
Nudgeでは、AI等の独自の審査手法を用いることで、学生・アルバイトや非正規雇用社員、兼業や副業、フリーランスクラウドワーカーといった多様な働き方にも対応した柔軟なクレジットカード発行を行います。


『Nudge』が目指す世界観
上記のような特徴を持つ次世代型クレジットカード『Nudge』により、これまでクレジットカードを頻繁に用いていなかったユーザー層にも、手軽で便利なキャッシュレス生活を安心して楽しんでいただける環境を整備いたします。また、コロナ禍の影響を受け続けるスポーツ業界やアーティストの方々に対し、金融という収益多様化の選択肢を提供するとともに、将来的にはブロックチェーンNFT等の金融派生技術の活用も見据え、ファンマーケティングの新たな可能性を共同で模索してまいります。


【資金調達の背景と目的】
ナッジは、2020年2月の設立以来、未来の金融体験を創るべくチームを増強し、第一弾となる次世代型クレジットカード決済サービス『Nudge』の開発 及び 金融機関として必要となる各種事業者登録の準備を進めています。今夏の一般向けサービス開始を見据え、関係者向けのクローズドβサービスを開始するとともに、さらなる体制の強化を図るため、資金調達を実施いたしました。
調達した資金をもとに、サービス運用体制とともに、顧客ニーズに合わせた機動的な機能増強・サービス開発や人員採用に継続的に取り組んで参ります。
また、社外取締役を2名増員し、金融機関に相応しいガバナンスの強化にも取り組んでまいる方針です。


【出資について】
General Partner/鈴木 隆宏、Investment Manager/相良 俊輔
初回のシードラウンドに続いて、追加出資をさせていただきました。ナッジが目指す相当に長大なビジョンに照らすと、現在地はまだまだスタートラインに立って一歩目を踏み出したばかりというところではありますが、我々のチャレンジは、金融サービスにおける消費者接点のデジタル化が不可逆性を伴って進展し、消費者が製品やサービスを選択する基準や背景の価値観も多様化、分散化していくという大きな時代の方向性を真芯から捉えたものであり、まだ見ぬ実績を当事者として共に創っていく気概で、引き続きチーム一丸となって伴走支援をしていきたいと思っています。Go ナッジ!


【ジェネシア・ベンチャーズについて】
ジェネシア・ベンチャーズは、「すべての人に豊かさと機会をもたらす社会を実現する」というビジョンを掲げ、シードアーリーステージのスタートアップへ投資とバリューアップ支援を行う、独立系のベンチャーキャピタルです。東京、ジャカルタインドネシア)、ホーチミン(ベトナム)の3拠点を構え、アジア全域において、スタートアップ、事業会社、投資家、政府、自治体、非営利団体など、社会を形成するすべてのステークホルダーとともに、社会の“あるべき姿”をとらえ、持続可能かつ大きな産業創造に挑むプラットフォームとなることを目指してまいります。


【会社概要】
  • ナッジ

会社名 :ナッジ株式会社

WEB  :http://www.nudge.works/

設立日 :2020年2月12日

所在地 :東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階 FINOLAB

代表者 :代表取締役社長 沖田 貴史

会社名 :株式会社ジェネシア・ベンチャーズ

WEB  :https://genesiaventures.com/

設立日 :2016年8月

本社  :東京都港区北青山3-3-13 共和五番館2F

事務所 :ジャカルタ)WeWork Revenue Tower, Scbd, Jl Jend.Sudirman No.52-53, Senayan, Kebayoran Baru Jakarta City, JK, 12190, Indonesia
    :ホーチミン)D08,SENoffice Business Center,L18-11-13,18th Floor, Vincom Center Dong Khoi Tower,72 Le Thanh Ton, Ben Nghe Ward,District 1,Ho Chi Minh City,Vietnam 代表者 :代表取締役General Partner 田島 聡一 事業内容:ベンチャーキャピタル業

配信元企業:株式会社ジェネシア・ベンチャーズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ