1. 検査待ちなし!
  2. その場で唾液を採取して約15分で検出される簡易タイプ新型コロナ抗原検査キット
  3. 簡易的なペン型の検査キットなので細かい付属品もなくこれ1本で簡単に検査
  4. 従業員を抱えていらっしゃる団体様企業様向けにスピーディー且つ簡易的な検査
  5. 現在流行の増えている「デルタ株」にも対応した抗原検査キットとなっております。
  6. +在庫確保!当日発送対応可能!大急ぎの方はぜひご利用ください!
  • ↓↓↓↓ご購入はこちらから↓↓↓↓(16:40までのご購入で当日発送!)
1回分
https://store.shopping.yahoo.co.jp/lime-shop-japan/kit-pen1.html
3回分セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/lime-shop-japan/kit-pen3.html
5回分セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/lime-shop-japan/kit-pen5.html
10回分セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/lime-shop-japan/kit-pen10.html
使用上の注意
【使用目的】
本品は研究用試薬です。この製品で得られた結果の臨床的有用性については確立されていないため、診断(感染しているかどうかの判断)等の目的では使用しないでください。
新型コロナウイルス抗原検査 ペン型デバイス (以後、本品)はイムノクロマト法による抗原検出試薬です。検体に含まれるSARS-CoV-2 のヌクレシオカプシド蛋白質抗原の定性検出の判別を行います。
この検査の結果は診断等の判断の材料に用いることはできません。本品で反応がある場合は、かかりつけ医又は地域のルールに従い、発熱相談窓口等にご相談ください。なお、本品で反応がなかったとしても、SARS-CoV-2感染を否定するものではありません。
【ご注意事項】
本品は研究用としての使用に限定されます。
本品は使用の直前までパウチから開封しないでください。
使用期限を過ぎた製品を使用しないでください
パウチが破損していたり、開いていたりした場合は使用しないでください。
検査デバイス使い捨てです。
緩衝液は防腐剤(0.09%のアジ化ナトリウム)を含みます。皮膚や目に触れた場合は十分な量の水で洗い流してください。
アジ化ナトリウムを含む溶液は鉛や銅に対して爆発的に反応する可能性があります。廃棄の際は大量の水を使用してください。
テストを実行する際、検体を取り扱う際は適切な防護用具や 手袋を使用するなどバイオハザード対策を講じてください。
検体の採取と処理は手順に従う必要があります。使用説明書通りの手順を行わないと結果が不正確になる可能性があります。
正確な結 果を得るためには目視できるほどの血の混じった検体や過度に粘性のある検体を使用しないでください。
SARS-CoV-2の検体を扱う際は常に実験室にて適切な安全手順に従う必要があります。使用されたデバイスは感染源となる可能性があります。地域の規制要件に従い、適切に取り扱い、廃棄をお願いいたします。
規定以外の温度での保管は結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

使用上の注意
【使用目的】
本品は研究用試薬です。この製品で得られた結果の臨床的有用性については確立されていないため、診断(感染しているかどうかの判断)等の目的では使用しないでください。
新型コロナウイルス抗原検査 ペン型デバイス (以後、本品)はイムノクロマト法による抗原検出試薬です。検体に含まれるSARS-CoV-2 のヌクレシオカプシド蛋白質抗原の定性検出の判別を行います。
この検査の結果は診断等の判断の材料に用いることはできません。本品で反応がある場合は、かかりつけ医又は地域のルールに従い、発熱相談窓口等にご相談ください。なお、本品で反応がなかったとしても、SARS-CoV-2感染を否定するものではありません。
【ご注意事項】
本品は研究用としての使用に限定されます。
本品は使用の直前までパウチから開封しないでください。
使用期限を過ぎた製品を使用しないでください
パウチが破損していたり、開いていたりした場合は使用しないでください。
検査デバイス使い捨てです。
緩衝液は防腐剤(0.09%のアジ化ナトリウム)を含みます。皮膚や目に触れた場合は十分な量の水で洗い流してください。
アジ化ナトリウムを含む溶液は鉛や銅に対して爆発的に反応する可能性があります。廃棄の際は大量の水を使用してください。
テストを実行する際、検体を取り扱う際は適切な防護用具や 手袋を使用するなどバイオハザード対策を講じてください。
検体の採取と処理は手順に従う必要があります。使用説明書通りの手順を行わないと結果が不正確になる可能性があります。
正確な結 果を得るためには目視できるほどの血の混じった検体や過度に粘性のある検体を使用しないでください。
SARS-CoV-2の検体を扱う際は常に実験室にて適切な安全手順に従う必要があります。使用されたデバイスは感染源となる可能性があります。地域の規制要件に従い、適切に取り扱い、廃棄をお願いいたします。
規定以外の温度での保管は結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

配信元企業:株式会社A Holdings

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ