スキンケアもできる化粧下地『ケアネス リンクルホワイトUVプロテクト』を展開する株式会社ルーア(本社所在地:大阪府枚方市、代表取締役:北本 さおり)は、全国20代~40代の女性を対象に、「年代別のスキンケア事情」に関する調査を実施しました。
新型コロナウイルス流行後、2度目の夏がやってきました。
夏のマスク着用において、“肌荒れ”を心配している女性が多いのではないでしょうか?

マスクで蒸れるけれど、毛穴やシミをカバーするために下地は必須!」
という事情があるからこそ、日ごろのスキンケアや紫外線対策が大切になってくるといえます。

さらに、年齢を重ねるごとに肌の状態は変化します。
年代によって、スキンケアで使うアイテムの数に関しても違いが出てくるのではないでしょうか?

そこで今回、スキンケアもできる化粧下地『ケアネス リンクルホワイトUVプロテクト』を展開する株式会社ルーアhttps://www.lure-beautylife.com/)は、全国20代~40代の女性を対象に、「年代別のスキンケア事情」に関する調査を実施しました。

  • 【年代別】朝と夜、スキンケアアイテムは何を使ってる?
はじめに、女性のスキンケア事情に関して伺っていきたいと思います。

「どのタイミングでスキンケアをしていますか?」と質問したところ、『夜のみ(20.1%)』『朝と夜(69.8%)』と、朝夜行う方も含めですが、約9割の方が夜スキンケアを行っていることがわかりました。

夜は女性にとって、大切なお手入れの時間といえるでしょう。
様々なメーカーブランドから商品が販売されていますが、朝と夜の時間によっても使用するスキンケアアイテムに違いはあるのでしょうか?

そこで、「朝のスキンケアでは、どういったアイテムを使用していますか?(複数回答可)」と質問したところ、『化粧水(87.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『乳液(57.8%)』『美容液(32.6%)』『クリーム(29.2%)』『パック(15.3%)』と続きました。

さらに、「夜のスキンケアでは、どういったアイテムを使用していますか?(複数回答可)」と質問したところ、『化粧水(85.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『乳液(57.3%)』『美容液(43.0%)』『クリーム(36.3%)』『パック(28.0%)』と朝のスキンケアと同様の結果となりました。

女性が朝と夜に使用するスキンケアアイテムは、基本的に同じだといえます。

一方で、夜のスキンケアでは美容液・クリーム・パックの回答率が高くなっており、夜は朝と比べて時間に余裕がある分、より丁寧なケアを行う傾向が強いのかもしれません。

美しく健やかな肌を保つためには、スキンケアアイテムの選び方にもこだわりたいですよね。

そこで「スキンケア用品を選ぶ際に意識しているポイントを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、年代別のTOP3は以下の結果となりました。

20代『保湿力(82.9%)』『肌のトーンアップへの効果(36.1%)』『肌のハリ感への効果(28.8%)』
・30代…『保湿力(84.7%)』『肌のハリ感への効果(38.0%)』『しわ・たるみへの効果(31.4%)』
・40代…『保湿力(83.7%)』『しわ・たるみへの効果(40.7%)』『肌のハリ感への効果(39.2%)』

20代から40代までの全年代において、『保湿力』が最も重視されているようです。
肌の乾燥は、しわ・シミといった肌悩みの原因に繋がりかねません。
どの年代の女性も、乾燥対策として『保湿力』を意識しているといえるでしょう。
一方で、年代が上がるにつれ、肌のハリやしわ・たるみへの効果を求める声が高まっています。
  • 「スキンケアする時間がない!」でも、ベース作りに欠かせないのは?
ここまでの調査で、朝と夜にスキンケアをしている女性が多いということがわかりました。
また、20代から40代にかけて、保湿力に注目してスキンケアアイテムを選ぶ女性が多いようです。

では実際に、女性はスキンケアにどのくらい時間をかけているのでしょうか?

そこで「朝のスキンケアにかけている時間を教えてください」と質問したところ、『5分未満(59.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『5分以上10分未満(31.5%)』という結果となりました。

併せて「夜のスキンケアにかけている時間を教えてください」と質問したところ、『5分未満(43.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『5分以上10分未満(35.3%)』『10分以上15分未満(13.3%)』と続きました。

朝の場合、6割近くの女性が5分未満でスキンケアをしていることが判明しました。
しっかり時間をかけてスキンケアをするのは難しいという、女性のシビアな現実が読み取れます。

時間のない中でも、メイクをする際には顔のベースから整えていく必要があります。

次に「顔のベースを整える際に、これだけは必ずしているというものはありますか?(複数回答可)」と質問したところ、『基本的なスキンケア(73.0%)』と回答した方が最も多く、次いで日焼け止め(58.9%)』『下地やファンデーションで肌のトーンを上げる(29.8%)』『下地やコンシーラーなどで毛穴を隠す(22.0%)』『下地やコンシーラーなどでシミ・クマを隠す(22.0%)』と続きました。

7割以上の女性が、基本的なスキンケアをした上でベースメイクに取り掛かっているようです。
スキンケアを疎かにしてしまうと、肌荒れやメイク崩れの原因にも繋がるため、下地・ファンデーションで整える前に、できるだけ丁寧にスキンケアをしておきたいところです。

では、忙しい女性たちは朝のスキンケアやメイクを時短するために、どのような工夫をしているのでしょうか?

■あの手この手で時短しながらのスキンケア
オールインワンの化粧水クリーム日焼け止め効果のあるファンデーションなどを使う(20代パートアルバイト大阪府
・工程が少ないものを購入するようにしている(30代/専業主婦/東京都
アイテム数を少なくする(40代/パートアルバイト埼玉県

時間がなくてもスキンケアを大切にする、女性たちの努力が現れています。
昨今、マスク生活が当たり前になってきましたが、マスクを着けている時、女性はどのくらいメイクをしているのでしょうか?


「外出時、マスクを着用していても顔の下地やファンデーションは塗っていますか?」と質問したところ、『必ず塗っている(58.8%)』『見える部分のみ塗っている(12.1%)』と7割以上の女性が下地・ファンデーションを塗っていることがわかりました。

マスクをすると顔の半分以上が隠れますが、下地・ファンデーションを塗ることはマスクをしていても欠かせないポイントとなっているようです。

しかし、下地やファンデーションの上からマスクを着けることで、思わぬ弊害が生まれる可能性もあります。

そこで「下地やファンデーションを塗ったままマスクを着用することで、不満・不安に感じることは何ですか?」と質問したところ、『化粧崩れ(41.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『肌荒れの原因・悪化(31.5%)』『乾燥(9.6%)』『毛穴の開き(9.4%)』と続きました。


マスクの着用によって、せっかくのメイクが崩れてしまうことを恐れる女性が多いようです。
また、肌荒れの原因になるだけでなく、悪化するのではないかと不安視する声も多く寄せられました。

  • 【まとめ】顔のベースを整えるために7割の女性が「スキンケア」が必須と回答!
今回の調査で、多くの女性が朝と夜に保湿力を重視したスキンケアアイテムを選んでいることがわかりました。

スキンケアの時間を取りづらい中でも、7割以上の女性が顔のベース作りにスキンケアが必須と考えていることことからも、スキンケアは、女性にとって重要なお手入れ方法だといえるでしょう。

さらに、マスクを着けていても下地やファンデーションを塗っているという女性は7割を超えました。
一方で、マスク着用による化粧崩れや肌荒れを心配する方も多いようです。

スキンケアもできる下地やファンデーションを使えば、このような悩みから解放されるかもしれません。
マスクに負けることなく、肌を美しく整えるきっかけを掴んでみませんか?
株式会社ルーアhttps://www.lure-beautylife.com/)が展開するスキンケアもできる化粧下地『ケアネス リンクルホワイトUVプロテクト』は、真球パウダー配合で凹凸のない透明感のあふれる肌印象へ導きます。


WRINKLE WHITE UV PROTECT -リンクルホワイトUVプロテクト‐
[医薬部外品]シワ改善有効成分 ナイアシンアミド配合
[販売名] 薬用リンクルベースNA ¥4,400(税込)


【1回の使用量目安】
パール粒2個分
※1日1回使用で約2ヶ月

◇6つのフリー項目
旧表示指定成分、パラベン、鉱物油、アルコール(敏感肌の方、乾燥肌の方にもご使用頂けます)、タール色素、紫外線吸収剤

◇3つの機能で透明感に差をつける
POINT1:毛穴を埋めてソフトフォーカス
さらさらな仕上がりとソフトフォーカス効果で化粧崩れを防ぎ、素肌を自然に美しく見せます。

POINT2:光の反射でワントーンアップ
自然なトーンアップを導く秘密は、光を利用した技術によるもの。
光を拡散し乱反射することによって、より美しく見える美肌に導きます。

POINT3:こだわりのUVカット
こだわりのノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)で、SPF50+/PA++++。
UVA波もUVB波もブロックし、紫外線から肌を守りながら、メイク崩れしにくく、白浮きしません。
ノンケミカル処方=きしみやすい」というイメージを覆し、ノンケミカルでもうるおいを保ち、サラサラの処方となっています。

24時間いつでもシワ改善・美白をケア
シワ改善に有効である、医薬部外成分“ナイアシンアミド”を配合!

シワ改善作用…コラーゲンの生成促進/ターンオーバ促進
サポート成分〉
レモングラス抽出液…線維芽細胞増殖
エイジツエキス…コラーゲン産生促進
ビルベリー葉エキス…コラーゲン保護/ブルーライトによる肌損傷の予防

美白(※1)作用…メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐ
サポート成分〉
メマツヨイグサ抽出液…メラニン生成抑制
ブルーン酵素分解物…メラノソーム移動抑制
キウイエキス…メラニンデトック

〈その他のサポート成分〉
オウゴンエキスアンチポリューション
PM2.5等の大気汚染物質が原因の肌荒れを防ぐこと。汚染された粒子やガスによる肌への影響を抑える効果を指します。)
サクラ葉抽出液…抗炎症作用
ヒメフクロウエキス…基底膜保護
ヨクイニンエキス…表皮細胞増殖促進
ノバラエキス…角質水分量増加
アマチャズルエキスバリア機能改善作用

(※1)メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
(※2)メイクアップ効果によるもの
(※3)紫外線吸収剤不使用

日焼けが気になるこれからの季節、日ごろのスキンケアと紫外線対策をしっかり行いたい方は是非一度ご使用下さい!

株式会社ルーア:https://www.lure-beautylife.com/
■LURE ONLINE SHOPhttps://lure-beautyshop.com/
■お問い合わせ:https://www.lure-beautylife.com/contact/
■TEL:0472-46-9900


調査概要:「年代別のスキンケア事情」に関する調査
【調査期間】2021年6月14日(月)~2021年6月15日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,060人
【調査対象】全国20代~40代の女性
モニター提供元】ゼネラルリサーチ

配信元企業:株式会社ルーア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ