人材サービスを主力とする株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 告野 崇)は、『オリンパスの闇と闘い続けて』著者の濱田 正晴 氏をお招きし、無料オンラインセミナー「『オリンパスの闇と闘い続けて』の著者 濱田 正晴が語る改正公益通報者保護法」を、2021年8月26日(木)に開催します。

 2020年6月8日、「公益通報者保護法」の一部を改正する法律が成立し、同月12日に公布されました。「公益通報者保護法」は企業の不祥事による被害拡大を防止するための内部通報について、通報者の保護に関するルールを定めた法律です。改正法では、事業者自身の内部通報体制の整備義務の追加と、通報条件・保護される通報対象者が変更となりました。

 2021年1月には、改正された「公益通報者保護法」に基づく内部通報体制整備義務の指針が公表され、従業員301名以上の企業を対象とし、内部通報体制整備が義務化(300名以下の企業は努力義務)される予定で、 2022年6月までに施行予定の改正法に基づく社内体制の整備が必要となります。

 本セミナーでは、内部通報者として自身の経験をまとめた『オリンパスの闇と闘い続けて』著者の濱田 正晴 氏をお招きし、法改正のポイントや濱田 氏自身が社内体制を整備する場合の手法をご紹介します。

〈本セミナーは、このような方々におすすめです〉

・改正公益通報者保護法について知識を得たい方
・社内体制の整備が必要であることは認識しているが対応方法がわからない方
・濱田 正晴 氏のお話に興味がある方

  • セミナー概要
  • 登壇者

配信元企業:株式会社ウィルグループ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ