Insta360 Japan株式会社(以下Insta360)は、本日Insta360モバイルアプリの大幅アップデートを発表いたしました。


ユーザーエクスペリエンスを向上させるよう設計されたアップデートには、新しいユーザーインターフェイス(UI)、大幅に改善された書き出し速度と読み込み時間、およびその他の多くの改善と新機能が含まれ、Insta360アプリを使用した編集がこれまで以上に簡単になります。

アップデートされたモバイルアプリは、iOSおよびAndroidInsta360 GO 2、Insta360 ONE X2、Insta360 ONE R、Insta360 ONE Xにてご利用可能です。

紹介動画

撮影と書き出しに適した新しいUI

Insta360アプリの主な機能の1つに、撮影ツールとしてしての機能があります。これによりユーザーカメラリモートで制御、リアルタイムショットをプレビュー、設定を調整し撮影が可能です。

撮影インターフェースは、新しいデザインになり、より直感的・合理的なワークフローを提供します。ユーザーは画面の下部を左右にスワイプし一般的な撮影モードを切り替え、上にスワイプしオプション一覧を開くことができます。

編集終了後の共有時には、書き出しページに新しいUIが表示されます。すべての設定オプションが新しいレイアウトで表示され、書き出しを開始する前に設定をカスタマイズできます。その結果、書き出し工程がよりスムーズになりました。

より高速な動画書き出し&読み込み

誰にとっても時間の短縮は重要です。動画を書き出しする際、ユーザーは以前よりも最大100%速い書き出し速度を享受できるようになりました。これらの改善はiOSおよびAndroidで行われています。

また、アプリアルバムでの動画読み込み時間は大幅に最適化され、以前より300500%速く開く事ができます。アルバム内の動画サムネイルも最大500%速く読み込まれます。

これらのアップデートにより、モバイルアプリユーザーの編集体験が大幅に向上されました。Insta360はこれからも更なるユーザー体験向上を図っていきます。


編集最適化

長押しでタイムラインを拡大できるようになり、クリップの正確なトリミングが更に簡単になりました。その後、スライダーを放すだけで、タイムラインへ戻ります。

また、スワイプするだけで開いているビデオから対応するアルバムに簡単に移動、再生されたばかりのビデオを強調表示するアニメーションにより、アルバムファイル間のナビゲーションがスムーズになりました。

さらに、これまでにユーザーより要望が多くあった、ストーリー編集時同クリップに複数の音楽トラックを追加する機能が実装されました。

AIを利用した編集ツールであるFlashCutも、アニメーションテキストグラフィックを備えた7つの新しいテンプレートが追加され更新されました。ユーザーは自分の映像を選択するだけで、後はアプリが音楽に合わせてクリップの最適な部分を編集してくれます。

最後に、水中の色彩補正アルゴリズムであるAquaVision2.0がONE Xユーザーにもご利用可能になりました。


総括

この度のアップデートにより、Insta360モバイルアプリの使いやすさが向上し、カメラの撮影と編集がこれまで以上に簡単になりました。アプリの最新バージョンダウンロードして、新しい体験をお楽しみください。



Insta360について

2015年に創業したInsta360は、全天球VRカメラで世界シェアNo.1を誇る、業界のリーディンカンパニーです。中国のシリコンバレーと言われる深セン発の企業として、アメリカドイツ、日本、香港にも拠点を持ち、210以上の国と地域で製品を販売しています。360カメラ・VRカメラアクションカメラの新しい使い方を提案しつつ、利便性をさらに向上すべく、常に最新の技術を追い求めています。

Webサイト:http://www.insta360.com/
Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/Insta360Japan/
Twitterアカウントhttps://twitter.com/Insta360Japan
Instagramアカウントhttp://www.instagram.com/insta360/
YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/c/insta360japan
公式ブログhttps://blog.insta360.com/jp/

本件の問い合わせ先:
--------------------------------------
担当者名:谷 暁晨
Email: pr.jp@insta360.com
--------------------------------------

配信元企業:Insta360 Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ