10日にパリ・サンジェルマンPSG)への加入が発表されたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシデビュー戦について注目が集まっている。10日付けの記事で、スペインラジオ局『カデナ・セール』がデビュー戦を予想している。

 PSGは7日、リーグ・アン第1節で昇格組のトロワと対戦し、2-1で勝利。敵地『スタッド・ドゥ・ローブ』で開幕白星を飾っている。『カデナ・セール』は、日本代表GK川島永嗣が所属するストラスブールとの第2節(14日開催)でメッシデビューする可能性は低いと予想。「7月10日に行われたコパ・アメリカ2021決勝でブラジルを下して優勝した後、メッシトレーニングをしていない。アルゼンチン人FWがプレーリズムを取り戻すためには、何回か強度のあるトレーニングをすることが必要だ」と、本拠地『パルク・デ・プランス』でのストラスブール戦に出場するのは現実的ではないとの見方を示した。

『カデナ・セール』は「20日の第3節・ブレスト戦、29日の第4節・ランス戦のどちらかが、PSGでのデビュー戦となりそうだ」と、アウェイ連戦となる2試合のいずれかが“Xデー”となる可能性を示唆。同メディアは「もし、メッシのフィジカル面が良好でトレーニングが計画どおりに進んだ場合、ブレストフランスでの最初の対戦相手になる可能性は高い。もしそブレスト戦を逃しても、さらに1週間待って8月の最終戦であるランス戦に出場することになるだろう」と、世界中が注目する瞬間について言及した。

メディカルチェックを受けるメッシ [写真]=Getty Images